吉沢亮、玉木宏主演映画『悪と仮面のルール』でテロリスト役に 「役作りで初めて髭を伸ばした」

写真拡大

 2018年に公開される玉木宏主演映画『悪と仮面のルール』の追加キャストとして、吉沢亮、中村達也、光石研、柄本明の出演が発表された。

参考:吉沢亮はサディスティックな王子様? 『銀魂』真選組・沖田総悟役をどう演じるか

 本作は、芥川賞作家・中村文則の同名小説を実写映画化したサスペンス。歪んだ目的のためだけに作り出されたことを知り、自身の存在意義を見失っていた主人公・久喜文宏の葛藤を描く。玉木が文宏役で主演を務めるほか、ヒロインの香織を新木優子が演じる。

 吉沢が演じるのは、テロリストグループ「JL」のメンバー伊藤亮祐。玉木演じる文宏に近づき、JLのメンバーに引き込もうとする役柄だ。中村は、軍需産業に携わり、久喜家の闇を体現する文宏の兄・久喜幹彦、柄本は、文宏が成り代わった人物・新谷を殺人の容疑者として疑う刑事の会田、光石は、文宏の父が雇っていた探偵で、新谷となった文宏の依頼を受ける榊原をそれぞれ演じる。

 初のテロリスト役に挑む吉沢からはコメントが寄せられている。

【吉沢亮(伊藤亮祐役)コメント】大好きな中村文則さん原作の作品に携われて、とても幸せな時間でした。役作りで初めて髭を伸ばしたのですが、こんなに生えるのかとビックリしました。ある意味ファンタジーチックな世界観であり、ファンタジーチックな役でしたが、彼なりの歪んだ正義、そして歪みきれない自分への葛藤などをリアルに描こうと、精一杯演じました。ぜひ見てください。

(リアルサウンド編集部)