日産公認「GT-Rドローン」登場。スーパーカー並みの加速でGT-Rと速度対決
2017年モデルとしてマイナーチェンジした日産「GT-R」と、スーパーカー並みの速さで空中を飛ぶ日産「GT-R ドローン」が、英国シルバーストーン・サーキットで対決した。

"GT-R"のバッジが付けられたドローンは、0-100km/hわずか1.3秒と世界最速クラスの加速を誇るレース仕様FPV(First Person View:一人称視点)ドローンで、サーキットを激走する日産 GT-Rを空中から撮影するために製作された。一方、2017年型GT-Rの0-100km/hは2.7秒となっている。ただし、最高速度はGT-Rドローンが185km/hであるのに対し、最高出力570psの3.8リッターV6ツインターボを搭載するGT-Rは315km/hに達する。

今回の対決では、日産NISMOドライバーのリカルド・サンチェスが新型GT-Rのステアリングを握り、2015年イギリス・ナショナル・ドローン・レーシング王者のジェームス・ボールズがGT-R ドローンを操縦。シルバーストーンに設けられた1.2マイル(約2km)の専用コースで対決する。

それでは、日産の空陸対決をお楽しみいただきたい。

By Autoblog Staff

翻訳:日本映像翻訳アカデミー