台湾って街ごとかわいい。週末、ひとりで行ってみた

写真拡大 (全14枚)

週末を使ってやって来た、台湾・高雄

ノープランでひとり旅。自分だけしかいないから、気の向くままに動こうと決めた。

ひとりの時間を求めて来たはずのに、地元の人にやさしくされてホッとしてる自分がいる。自分のなかで、少しずつ変化が生まれているのを感じている。

じつは、台湾の高雄が気になり出したのは、この動画がきっかけだった。

東京はとにかく流れがはやい。トレンドも、歩くスピードも、気持ちの移り変わりも...。

その流れに無意識に飲まれていて、東京のスピードに置いていかれないように必死になってる自分がいた。少し苦しくなっていた。

でも高雄なら、都会でせわしなく過ごす毎日とは真逆の、ゆったりした時間を心と体で感じられるはず...。

感性を磨きに。アートなエリア「駁二芸術特区」へ

向かったのは、駁二芸術特区(ボアーユンシュークーチー)。高雄港の倉庫として使われていた場所をアートスポットとして再利用している。

周りを見渡すと、スマホを片手に友だちや恋人とアート巡りをしている若者が多い。

駁二芸術特区は高雄の若者にとってもホットなスポットのよう。

20170707_taiwan13.jpg

あちこちにモニュメントや壁画があって、ただ歩いているだけでも楽しい。まるで宝探しをしているみたい。

「おもしろい」とか「すごい」とか「かわいい」とか、見たまま感じたままを素直に受け止めてみる。「これはなんだろう...」と頭をつかってみる。

脳が動く。心が動く。かたくなっていた頭と心が、少しずつほぐれていくのを感じた。

20170707_taiwan3.jpg

20170707_taiwan2.jpg

20170707_taiwan5.jpg

看板も道路も建物も。街じゅうがアートに見えてきた

駁二芸術特区でアートを見たら、不思議なもので、何でもないものすらアートに見えてきた。

お店の看板も。

20170707_taiwan6.jpg

木の実を守るための袋も。

20170707_taiwan14.jpgili(イリ―)で話しかけた自転車屋のお兄さんも。

20170707_taiwan11.jpgアパートのカラーリングも。

20170707_taiwan9.jpg

さっきまでなんとなく歩いていた道までも...。

20170707_taiwan8.jpg20170707_taiwan10.jpg

あらゆるものが私の足を止めてくれる。

気がついたら空の青さも美しいと、足を止める私がいた。そういえば思いっきり空を見上げたのなんていつぶりだろう。

風が気持ちいい。五感が研ぎ澄まされる。

20170707_taiwan12.jpg

日本に戻った後も高雄の魔法は健在。

東京、品川、渋谷、新宿...。車窓から見える、見慣れていたはずの街並みが目新しく感じられる。

つい立ち止まってしまう街、台湾・高雄。成田から4時間で行ける場所。

気軽にふらりと台湾へ、東京に疲れたらまたすぐに行こう。

 

撮影協力/株式会社ビジョン、株式会社ログバー

[ili(イリー)]

こちらも読まれています

・週末のひとり台湾。食べて、笑って、人が好きになった

・ダイヤモンドを身につける。女子から女性へ、近づいた気がした #sponsored

・「引っ張られたり、突然切られたり。」◯◯って私みたい! #sponsored