バニーズ京都SC、2度目のDJで考える故に…体験レポ第2弾!

写真拡大 (全4枚)

全国で梅雨入りしてしばらく経ち、雨模様の日が多くなってきましたね。お久しぶりです、Qolyコラムニストの籠信明(@cage_nob)です。

先日、プレナスチャレンジリーグWESTの首位をひた走るバニーズ京都SCの試合でスタジアムDJをさせて頂き、レポートを掲載いたしました。

佐藤莉奈選手と松田望選手のゴールで、静岡産業大学磐田ボニータに勝利を収めた試合から20日余り。

7月1日の土曜日に京都府立山城運動公園、通称「太陽が丘」で再びアナウンスを担当いたしました!ありがとう!ありがとうございます!

今回はパートナーのKさんに後座試合のFlaps対ANCLASノーヴァを任せて、京都バニーズSC対福岡J・アンクラスだけをやりました!

山城運動公園はとにかくでかい。宇治駅からバスで10分あまり、広大な土地にいくつもの競技スペースが存在している。広かったなー…。

雨予報なのに!なんか太陽出てきたよ!

あいにくこの日は雨の予報であったが、なんと会場に着いてみれば曇り空程度。

そして試合が始まるころになると、ちょくちょく太陽まで顔を覗かせるように。太陽が丘だけにね!さすがだね!暑いけどね!

太陽が丘の陸上競技場におけるアナウンス室は、ほぼピッチと同じ高さ。だいたいこんな視点で試合を見ることに。

前回の西京極よりはこちらのほうが状況は把握しやすい。とはいっても、やっぱりファーポストはなかなか見辛いところも。監督はいつもこの視点から試合を見て采配をしているわけなのだから、いやはや大変である。

今回は2回目、しかもまあ電光掲示板がないということもあって、準備はかなり落ち着いて進めることが出来た。成長したのか環境か?

そこでテンション上げてスターティングメンバー発表!今回も同じようにやればいいのだから冷静に!サポーターの応援にも合わせて!

と、リズムを重視してやってみたのだが、あとで録音したものを聞くとちょっと「溜め」が足りないのか?グルーヴ感というか、「助走からの爆発」がもう少し欲しい感じである。

応援との一体感を向上させ、太鼓を叩きやすいリズムにすること。そこが今後の課題だ。練習しよう。また呼んでください。

し、試合が凄いことに!

前節の勝利によってチャレンジリーグWESTの優勝を決めたバニーズ。試合開始前にはスタンドでセレモニーが行われた。いい。優勝はいつだっていいものだ…。

そして、それを受けてのバニーズ京都SC対福岡J・アンクラスの試合は正午にキックオフ。なかなか試合は動きを見せなかったが、前半34分に先制ゴール!

決めたのはまたも佐藤莉奈選手だ!これは僕がやると佐藤選手が決めるというフラグか?!また呼んでください。

ハーフタイムには両チームが2人ずつを交代するという、アナウンスをする側にとっては面倒いや、やりがいのある場面。

さらにどちらも60分までに3枚目の交代枠を使っていく展開で、「早めにDJの仕事が消化されていったな…」と思っていた80分!福岡が福井しほり選手のゴールで追いつく。

すでにWEST優勝を決めており、引き分けでも決して何かを失うわけではないバニーズ。しかし、僕の担当試合で勝点を落としたくない!

アナウンス室も固唾を呑んで見守る中、試合が動いたのは後半終了間際だった!

後半から投入された社納未樹選手が値千金の今季初ゴール!これはシビレるぜ!サイコーだ!今日最高のテンションで、溜めに溜めて「シャノー、ミキー!」と叫ばせてもらったよ!ありがとう社納選手!MVPもおめでとう!

これで僕の担当試合は2連勝であります。なかなか相性がいいではないですか。また呼んでください。

昼御飯を終えてからの後座試合は、今回共に担当したKさんにお任せしてやってもらったよ。女性のサッカースタジアムDJは珍しいが、実はフランスに何人かいたりする。彼女にもぜひ目指して欲しいと思っているのだが、その気はあまりないらしいのがネックである。今後洗脳しよう。

また、試合後にはコールリーダーのK.O.123兄貴☆彡(@1k_o23)さんをはじめとしたサポーターの方々とも挨拶できて良かった。前回は忙しくてそれどころではなかったから…。

慣れてきたんで感じた課題とか

というわけで、人生2回目のスタジアムDJを終えた筆者。前回よりも色々なものに目を配ることが出来て、考えることもあったりした。

とりあえず次回に向けての課題は、さっきの「グルーヴ感」に加えてこれにしよう!

2名交代って、難しいね?

今回はハーフタイムで両チームが2名同時交代だった。では、その時はどのような順番で読み上げれば太鼓と繋げやすいのか?

「〜に変わって〜、〜に変わって〜が入ります!」

が当然ルールとしては正しいのだろうが、この場合問題は『前に呼んだ方がぞんざいになりやすい』ところだ。出来れば入っていく選手両方に期待感を持たせたい!では、

「〜、〜に変わって〜、〜が入ります!」

が良いのかというと、これもちょっと誰と誰が変わったのかが分かりにくいし、その後のコールがやりにくくないかな?という懸念がある。交代のコールは一つずつやって、それぞれの後にコールを入れるのがいいのだろうか?

「〜に変わって〜!(コール)〜に変わって〜が入ります!(コール)」

これもまずサポーターが先にこのルールを知っていなければできないことであり、一見さんが多い場所で難しいことはできればやりたくはない…。要検討課題である。考えてくるからまた呼んでくださいね!

ということで、次節の案内だ!

さてこれで成績を10勝2分けとしたバニーズ京都SC。ラストの2試合は連続アウェイであるため、レギュラーシーズンでは今週末が最後のホームゲームである。

会場はなんと兵庫県洲本市の五色台運動公園、通称「アスパ五色」!淡路島の西の端にあり、Jリーグのクラブも使用するキャンプ地として有名。

7月9日の15時キックオフ予定だぞ。アナウンスには筆者の友人であるスガタカシ(@hamanooto)が行く予定だ。彼は僕よりうまいと思うが、愛では絶対負けないからな!

京都からはちょっと(かなり、かな…)遠いが、大阪や兵庫の方々にとっては今乗りに乗っているバニーズを見られるまたとないチャンスである。淡路島観光のついでにどうですか!