プラレールをスマホで速度コントロール!見た目は乾電池なのにハイテクIoTなMabeeeが超進化した

写真拡大 (全3枚)

「Mabeee」は、ノバルスが販売する単三乾電池の形をしたれっきとしたIoT機器だ。
プラレールやミニ四駆から電池式のZOIDやLED照明など、乾電池で駆動するあらゆる機器を、スマホからリモートコントロールできるアイテムなのだ。

操作を行うスマホアプリは、これまでは汎用タイプのみだった。
しかし、今回、
「MaBeee Train」:プラレールなどの電車型玩具に特化したアプリ
「MaBeee Racing」:ミニ四駆などの車レース型玩具に特化したアプリ
の2つが新たに登場した。

今回は、「MaBeee Train」で実際に遊んでみよう。

●電池で動くあらゆる機器をリモコン化できるIoTプラットフォーム
単三乾電池の形をした「Mabeee」は、中に単四乾電池を入れて、スマホとBluetooth 接続することで、使うことができる。

「Mabeee」は、乾電池を単にスイッチをオン/オフするだけでない。
乾電池の電源のオンオフをワイヤレスでできるだけでも、十分にすごいのだが。

さらに電池の出力までコントロールできるので、速度を調整することも可能なのだ。

これまでは、さまざまな電池を使う製品用アプリのみだったが、今回は、新たに遊び方に特化したアプリが登場した。

「MaBeee Train」は、電車型玩具に特化したアプリで、プラレールなどの電車おもちゃで遊べる楽しいアプリだ。


MaBeee Train


アプリに表示されるのは、電車のマスコン(マスター・コントローラー)風の画面。
レバーを上下することで電車を動かすことができ、速度もコントロールできる。
「マニュアルモード」の画面では、電車でGO!!などのゲームと、プラレールなどのリアルな電車おもちゃが同時に楽しめる感覚だ。

さらに、サウンドボタンを押すと、発車音や警笛、ドアの開閉音などを再現するサウンドエフェクトがスマホから流れる。
電車の停車と同時に停車音を出し、続いてドアを開く音を出すなど、シチュエーションを想定しながら操作すると、かなり楽しい。

この「MaBeee Train」は、細かいコントロールが面倒ならば、「オートモード」を選ぶことができる。


オートモードは、ざっくりと速度を指定することができる。
さらに「かたむきモード」を選ぶと、スマホのかたむきに応じて速度がコントロールできるといった拘りようが面白い。

親子で遊んでも楽しいし、情景部品をそろえて、駅にピッタリ停車するなどのルールを作って遊べば、大人でも楽しめる。

同時に発表されたアプリの「MaBeee Racing」は、ミニ四駆などの車レース型玩具に特化している。


MaBeee Racing


アクセルを踏み込むようにスマホをかたむけると、マシンが加速し、メーター風の画面に速度が表示される。ラップタイムの計測もできるので、最速を目指して遊ぶのも楽しい。

一方、既存の汎用アプリを使うと、
・声の大きさ
・スマホを振る回数
・タイマー
などで電池をコントロールする機能も利用できる。
電池駆動のおもちゃをさまざまにコントロールでき、遊び方は工夫次第だ。

Mabeeeは、Amazonなどのネット通販、ビックカメラなどの家電量販店、トイザらスなどのおもちゃ販売店で購入できる。子どもの夏休みの自由研究のテーマとしても使えそうだ。