KNK、日本デビューに先駆けて公式ジャパンオフィシャルファンクラブ設立!

写真拡大

5人組アイドルKNK(クナクン) が、満を持して2017年夏、本格的に日本始動! 日本デビューに先駆け、ジャパンオフィシャルファンクラブがオープンする。

キム・ユジン、パク・スンジュン、キム・ジフン、チョン・インソン、オ・ヒジュンの5人からなるKNKは、メンバー平均身長185cmというスタイルの良さだけではなく、5年以上の長いトレーニング期間で備えた実力で、デビュー前から話題を呼び、2016年3月に1stシングル「KNOCK」で韓国デビュー。

KNKというグループ名は、韓国語で“大きな”という言葉でもあり、“大きな人になれ”という意味と、“K-POP kNocK(K-popノック)−自分たちの音楽でK-POPの扉をノックする”ともに、K-POPを代表する男性アイドルグループになるという目標が込められている。

デビュー曲「Knock」のラップ・メイキングをはじめ、早くも2ndミニアルバムでは、メンバーそれぞれが作詞、作曲、振付けまで担当。歌、ダンス、楽器のみならず、クリエイティブな才能にも注目が集まっている。

全米ビルボードチャートの「2016年上半期にデビューした8組の前途有望なK-POP歌手」と「2016年K-POP新人グループTOP10」に選ばれたKNKは、デビュー約3ヶ月でアメリカiTunesのK-POPアルバムチャート1位を獲得。さらにデビュー前にも関わらず日本と台湾でアジアツアーも成功させた。

今年5月25日にリリースした新曲「Sun.Moon.Star」は約2万枚を売上げ、KNKならではのオリジナリティーを作り上げた作品と評価されている。

メンバーも日本のファンともっと近く、もっと繋がりたいと、日本での活動を楽しみにしている。これから日本で旋風を巻き起こすKNKをお楽しみに。

■情報詳細
KNK JAPAN OFFICIAL FANCLUB:http://knkjapan.com/

問合せ:ライズコミュニケーション 03-5790-2661(平日13:00-17:00)