壁面に描かれたグラフィックアート前でパシャリ/撮影=宮川朋久

写真拡大

SNSなどでも話題の“オシャレな撮影スポット”の数々。いつも通るストリートや街を歩きながら、よく目を凝らすと“SNS映え”する、ユニークなスポットがいっぱい! そこで今回は、ダンス&ボーカルユニットPrizmaXのメンバーで、横浜出身の黒川ティム&島田翼コンビがジモト・横浜の街を巡り、フォトジェニックスポットをナビゲートしてくれました。

翼&ティム「僕らが巡ったスポットへ行ってみてください!」/撮影=宮川朋久

■ アートなブロックやオシャレな階段も!

海沿いにあるオープンモール「MARINE & WALK YOKOHAMA」には、オブジェやグラフィックなど、フォトジェニックなスポットが点在している。ロサンゼルスのストリートにあるような、壁面に描かれたグラフィックアート前でコミカルな一枚を。

続いて、「COMMUNITY MILL」前の階段へ移動。よく見ると、階段には施設内に植えられている植物の名前が英字でデザインされている。さらにレンガ調の壁面には、キュートなネコのイラストも!

■ トリックアート風なデッキの上で

通称「くじらのせなか」と呼ばれる、大さん橋屋上のウッドデッキには巨大なグラフィックが。彼らのように「横浜三塔」の横に座って、トリックアート風な撮影もおすすめ。

思わず写真を撮りたくなるスポットは、意外にもいつも歩いてる街のすぐそばにあるかも! また、神奈川県内も“フォトジェニックなスポット”はいっぱいあるので、週末はカメラを持って出かけてみては。こちらの続きは、現在発売中の横浜ウォーカー7月号「行こう!神奈川 新聖地」特集をチェックしよう。※ほかの来館者に迷惑となる撮影、危険な撮影行為はやめましょう【横浜ウォーカー編集部】