画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●42.4キロのEV走行が可能、フル充電に3時間

BMWの日本法人であるビー・エム・ダブリューは、プレミアム・コンパクトのブランド「ミニ(MINI)」として史上初となるプラグインハイブリッド車(PHV)を日本市場に投入する。新たな選択肢が加わったPHVという車種だが、日本での普及に弾みはつくのだろうか。

○フル充電で42.4キロのEV走行が可能

ミニから登場するのは「MINI Cooper S E Crossover ALL4」というモデル。いわゆるコンパクトSUVのような「クロスオーバーモデル」のクルマで、価格は税込みで479万円だ。パワートレインは1499ccの直列3気筒ガソリン・エンジンと電気モーターを搭載。2つを合わせた総合出力は224PSとなる。

PHVの大きな強みは、外部充電により電気自動車(EV)同様のモーター走行が可能な点だ。ミニのPHVは、フル充電で最大42.4キロのEV走行ができる。自宅に充電できる環境があり、クルマでの日々の移動距離が往復で40キロ程度なのであれば、基本的にはEVとして運用できるのがこのクルマの特徴だ。ちなみに、フル充電には200V電源で約3時間を要する。

○BMW電動化の先鞭をつけたのはミニ

PHVの発表会に登壇したビー・エム・ダブリューMINIディビジョン本部長のフランソワ・ロカ氏によると、ミニはBMWグループで初めてクルマの電動化に取り組んだブランドなのだという。BMWでは2008年にEVを手掛ける判断を下し、まずはミニで600台を生産・販売してマーケットの反応を探った。この動きがBMWのEV「i3」などにつながっている。

そんな歴史を持つミニが、ついに投入する初のPHVは、同社の「未来を広げる」クルマだとロカ氏は語った。ミニでも将来的にEVを投入する方針だという。

すでに日本市場に登場しているPHVには2つの方向性があり、国産車は「燃費効率」、輸入車は「パフォーマンス(加速などクルマの性能)」を打ち出しているというのがロカ氏の分析だ。ミニは既存の方向性を追わず、独自の「ライフスタイル」を打ち出すことに注力するという。

●日本の住宅事情に独特の課題、ミニはPHV普及の追い風となるか

○EVとしての魅力が詰まったPHVという車種

ミニがクルマを作るとき、最も大事にしているのは「どんなライフスタイル」を提示できるかという点だ。競合他社の戦略や市場の方向性も調査するが、まずミニとは何かを考えてクルマづくりを行うのだという。PHVが提示するライフスタイルをリーフレットから探ると、「未来へとつながる新しい走り」や「スマートなライフスタイル」といった言葉を見つけることができた。

そんなライフスタイル重視の方向性が受けているのか、ミニは日本市場でも順調に販売台数を伸ばしている。

ビー・エム・ダブリューMINIディビジョンでプロダクト・マーケティングを担当する生野逸臣氏は、PHVは単に先進的なクルマとして、技術に明るい顧客だけをターゲットに売り込むクルマではないと語る。モーター走行によるスムーズな加速や静粛性に加え、重いバッテリーをクルマの下部に積むことで重心が低くなる、PHVならではの落ち着いた走りも魅力の1つだと同氏は指摘する。もちろん、エコカーとして減税や補助金といった支援も受けられる。

○気軽に充電できる環境の整備は進むか

街でも自然の中でも乗れるSUVタイプのクルマに、エコや経済性などを加味するPHVというモデルを追加したミニ。このクルマから想起できるライフスタイルが日本市場で受けるかどうかが焦点となるが、日本独特の課題もある。輸入車の重要なマーケットである都市部では集合住宅に住む人が多く、自宅に充電設備を用意することが難しいのだ。

ミニのPHVでは、ビー・エム・ダブリューが展開する公共充電サービス「ChargeNow」が利用可能。ショッピングモールや駐車場などに設置されている充電設備を12カ月間は無償で使うことができる。これでPHVに充電して乗る楽しさは感じられそうだが、やはり自宅あるいは自宅周辺で充電できるかどうかが気になる人はいるだろう。

EV全盛時代の到来を見越した各メーカーが、ガソリン車とEVをつなぐ存在として注力するPHV。ここにミニという新たな選択肢が加わった。充電設備に関する課題はあるものの、PHVという車種が気になっている人にとって、魅力的なオプションが増えたことは確かなはずだ。PHVを欲しがる人が増えたり、実際に乗る人が多くなったりすれば、日本における充電設備整備の機運も高まるかもしれない。