浜辺美波

写真拡大

映画『君の膵臓をたべたい』の完成披露舞台挨拶が7月6日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、W主演をつとめた浜辺美波、北村匠海と、北川景子、小栗旬、月川翔監督が登壇した。小栗は、浜辺と北村のフレッシュなコンビの演技を見て「素晴らしかったです。自分が出ている映画の試写で、こんなに泣いたのは初めて。純粋さが伝わる作品で心が洗われる感じでした」と絶賛した。

『君の膵臓をたべたい』完成披露舞台挨拶、その他の写真

本作は、住野よるのベストセラー小説を、映画『君と100回目の恋』の月川監督で映画化。膵臓の難病におかされた高校生の桜良が、ひょんなことから自分の病気を知ってしまった“僕”とともに、残された時間を過ごす姿を描いた青春ストーリー。

初共演をはたした浜辺と北村。浜辺は「初めてお会いしたとき、見たことがないような派手でファンキーなお洋服を着てらっしゃって、役柄の“僕”とは正反対の人なんだなって思いました」と率直な感想を述べると、北村も「桜良は天真爛漫な性格ですが、浜辺さんは真逆で、自分の世界を持っている方なんだと思い、どうやって桜良を演じるのかとても興味がありました」と第一印象を述べた。

浜辺の感想に北村は「服装に関しては申しわけないなと思っています。普段うちにこもっている性格なので、カモフラージュのために派手なファッションをすることがあるんです」と語ると、浜辺は「初対面で、桜良とは真逆の性格だとバレていたとはびっくりしました。これからは最初からもっと明るく接していきたいです」と苦笑いを浮かべていた。

主人公たちの12年後の現在パートで出演していた北川は「主演の2人が頑張っていて、生きる素晴らしさを瑞々しく伝えてくれました。私の若い頃ではできないすごく骨太な演技でした」と浜辺と北村を絶賛。小栗は、内気で他人に興味を持たない“僕”の12年後を演じたことに司会者から「いつもの小栗さんのイメージと違う役ですね」と振られると「僕は基本的に地味なんです。20代前半までは繊細な役が多かったのに、最近どうも強い人とかヒーローみたいな役が多くて……。自分の中では『違うのにな』って思っているんです」とぼやいていた。

またこの日は「12年後の時を超えて届く感動」というテーマにちなみ、登壇者の12年前の写真を披露。それぞれ懐かしい写真がスクリーンに映し出される中、小栗は『花より男子』で花沢類を演じているときの写真が公開されると、「小栗旬のスイート期ですね」と発言し、会場を笑わせていた。

『君の膵臓をたべたい』は7月28日より全国公開となる。
(text&photo:磯部正和)