Oculus RiftやPlayStation VRなどが次々と登場し、バーチャルリアリティ(VR)の世界が誰にも身近なものになってきていますが、実際にそのVRワールドを作るためには本格的な機材だけでなくさまざまな知識とスキルが必要になるもの。そんな状況を一変させ、誰でも簡単に3Dオブジェクトを作成できるソフトウェア「Blocks」をGoogleが無料で公開、誰でもダウンロードできるようにしています。

Blocks: Easily Create 3D Objects in VR

https://www.blog.google/products/google-vr/blocks-easily-create-3d-objects-vr/

Blocksは、VRゴーグルのOculus RiftおよびHTC Viveで使えるソフトウェアとなっており、コントローラーを別途用意することで、誰でもVRの3Dモデリングを始めることが可能になります。



Blocksがどのようなソフトウェアなのかは、以下のムービーを見ればよくわかります。

Blocks: Easily create 3D models in VR - YouTube

本来は存在しない物体が本当にあるように見えるVRの世界は非常に素晴らしいものですが……



その世界にあるはずの3Dモデルが用意されていなければ、その中身は退屈なものになってしまいます。



現在、3Dモデルの作成はPCの平面モニターを使った状態で作業されています。



しかし、これはもちろん最終的な3Dの世界ではありません。



ということで、Googleが提供を開始したのが「Blocks」と呼ばれる無料ソフトウェア。VRゴーグルの「HTC Vive」と「Oculus Rift」向けにソフトウェアが提供されています。



Blocksを使えば、このようなラジカセの3Dモデルや……



ちょっとレトロなアーケードゲーム機……



そして宇宙船、といった3Dモデルを誰でもVR空間の中で作ることが可能。



モデルを作るために、VRワールドの中では6種類のツールを切り替えて操作します。



作成したモデルにケーブルを接続したり……



モデルをつかんで目の前で回転させたりが可能。



また、モデルに色を付けたり……



一部をぐいーんと引っ張って形を変えることもできます。



作成したモデルは、ギャラリーに登録して世界に公開することも可能です。





このように、BlocksはVRワールドの中で直感的な操作で3Dモデルの作成を行うことが可能になっています。ソフトウェアはOculus Storeか

Steamから誰でもすぐに無料でダウンロードしてゲットすることが可能です。