nanaユーザー初のメジャーデビュー決定

写真拡大

 音楽コラボアプリ「nana」のユーザーにより結成されたユニット「クラスメート(仮称)」のメジャーデビューが決定した。

 2017年7月7日「nanaの日」に、音楽コラボアプリ「nana」のユーザーのメジャーデビューが決定。nanaユーザーがメジャーデビューをするのは今回が初となる。メジャーデビューが決まった「クラスメート(仮称)」は、3人組ユニットで、「nana」コミュニティにて高い人気を誇るシンガー 中村 秋、伴奏 森田 祐介、10代の女性ボーカリストという編成だ。女性ボーカリストの詳細は、8月26日に開催する【みんなでつくる音楽祭! nanaフェス2017】の舞台にて発表される。

 女性ボーカリストは、昨年末から今春に掛けてアプリ内で実施した10代女性シンガーを対象としたオーディション企画「プリンセスボイスオーディション」にて集まった、1000人を超える応募の中から決定される。

「クラスメート(仮称)」のプロデュースは、これまで数多くのアーティストを発掘してきた、音楽制作会社バグ・コーポレーション代表 山口哲一氏が手がける。山口氏はnanaサービス開始時期からユーザーのクリエイティブ力の高さに注目しており、2016年にはnana内で話題となっていた廣野ノブユキの楽曲「Rainy」を通信カラオケ「DAM」での配信、CDリリースに導いていうる。


◎ユニット詳細情報
「クラスメート(仮称)」
中村 秋: https://nana-music.com/users/555830/
森田 祐介:https://nana-music.com/users/4119792/
女性ボーカル1名(8/26「みんなでつくる音楽祭! nanaフェス2017」にて発表)

<アーティストマネジメント>
バグ・コーポレーション:http://www.bug-corp.com

<レーベル>
近日発表

<今後のスケジュール>
2017年8月:nanaアプリ内にて新曲を発表
2017年8月26日:リアルイベント「みんなでつくる音楽祭! nanaフェス2017」にて女性ボーカリスト初披露&初ライブ
2017年9月:「DAM」にてカラオケ配信、および配信リリース、DDDiscで販売予定

◎nanaとは
音楽コラボアプリ「nana」は、スマホひとつでいつでもどこでも誰とでも「音楽を奏で合える」サービスです。カラオケ・合唱・バンドセッションといった音遊びを世界中の人と手軽に楽しむことができます。2012年11月にリリース後、現在のユーザー数は400万人を超え、累計楽曲再生数は16億回を超えています。
https://nana-music.com