トヨタ、「C-HR」2017年上半期SUV新車販売台数第1位を獲得


 トヨタは、C-HRの2017年上半期(2017年1〜6月/一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)調べ)における販売台数が79,303台となり、SUV新車販売台数第1位を獲得したと発表した。


 2017年4月は、販売台数が13,168台となり、軽自動車を含めた新車販売台数においても第1位を獲得している。


 2016年12月に発売したC-HRは、スピード感あるキャビン形状やダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディなど『個性際立つスタイリング』、TNGAによる新プラットフォームを採用し、『優れた走行性能』を実現するために低重心パッケージなどを採用、ハイブリッド車はクラストップレベルの『30.2km/Lの低燃費』を実現している。

【ギャラリー】TOYOTA C-HR143

■トヨタ 公式サイト
https://toyota.jp/