2017年最旬!プレスに聞いたトレンドの浴衣

写真拡大

夏といえば花火大会。花火大会といえば浴衣! 2016年の浴衣のトレンドは「ボタニカル」、「脱ボタニカル」、「ストライプ・ボーダー」がキーワードだったが、今年はどんな浴衣がトレンドなのだろうか? 今年も、人気ブランド「撫松庵(ぶしょうあん)」のプレス担当・木内めぐみさんにお話を伺った。

■2017年は「青紫」、「個性的な花柄」、「幾何学柄」を要チェック!

浴衣というとネイビーが定番人気だが、木内さんによると今年の注目色は「青紫」。ネイビーよりも涼しげで、上品さも兼ね備えた青紫は、大人の女性だからこそ着こなせる色味だ。では、柄は何を合わせればよいのだろうか?

「柄でいうと、『個性的な花柄』が注目されています。例えば、エアプランツやビザールプランツといったユニークな植物の柄(写真1)、花の輪郭を色で表現し、茎や葉までをいきいきと描いた花柄(写真2)、花や茎を流れるように描いた大胆でもあり女性らしくもある花柄(写真3)。どれも大き過ぎず小さ過ぎず、手のひらに収まる大きさの花柄で、とてもバランスよく着こなすことができます」(木内さん)

エアプランツ、ビザールプランツとは、インテリアとして人気のちょっと変わった植物。大胆で個性的な柄は、洋服だとちょっと勇気がいるが、浴衣なら思い切って取り入れられそう! 柄の大きさもちょうどよいので、小柄な人でも選びやすそうだ。大人っぽく着こなせるので、花柄に苦手意識がある人にこそぜひチャレンジして欲しい。
また、花柄以外では幾何学柄がおすすめなのだという。

「寄木細工をモチーフにして、木目まで表現したこだわりの柄です(写真4)。かすり模様をインクジェットで表現した浴衣もおすすめです(写真5)」(木内さん)

日本の伝統工芸品・寄木細工をモチーフにした技あり浴衣は、色味次第で全く違った印象に。「和」を存分に味わいたい人にピッタリだ。

多彩な柄ものが揃う2017年。人気の商品は売り切れ必至のため、お気に入りの浴衣を見つけたらぜひ早めにゲットしよう!

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)