山下達郎「新たな作風が提示できた」 (C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

写真拡大

 「Hey! Say! JUMP」の山田涼介主演で、東野圭吾氏のベストセラー小説を映画化する「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の主題歌を、山下達郎が担当することがわかった。原作に登場し重要な役割を果たす楽曲「再生」をもとに、山下が新曲「REBORN」として書き下ろした。「映画の主題歌の仕事は、これまで何度も担当させていただきましたが、今回はその中でも1、2を争う難しい注文でした」とコメントを寄せている。

 全世界の累計発行部数が800万部を突破し、「東野作品史上最も泣ける感動作」と高く評価される同名小説を、「娚(おとこ)の一生」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。2012年と1980年を舞台に、世をすねて現実に背を向けていた若者・敦也(山田)と、雑貨店を営み町の人の悩み相談を請け負う好々爺・浪矢雄治(西田敏行)、異なる時代で決して交わるはずのない2人が手紙でつながる奇跡の一夜を描いた。

 約1カ月半を費やし、渾身の1曲を生み出した山下。「東野圭吾さんの原作において、すでに『再生』(映画では『REBORN』に改題)とタイトルが定められている曲を、映画の劇中に具現化し、さらにそれをエンドロールで私自身が歌うという、虚実ないまぜの世界が求められました。そのため、どの場面にも違和感のない曲調を実現するために、かなりの模索と推敲を要しました」と振り返り、「そのおかげで、今までの自分の作品とはひと味違った、新たな作風が提示できたと思います。歌のテーマは『死生観』です。人はどこから来てどこへ行くのかという、根源的な問いに思いを馳せていただくことで、映画のストーリーと併走し、盛り立てることができるのではと思っています」と思いを込めた。

 なお「REBORN」は、山下の50枚目のシングルとして9月13日に発売される。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、村上虹郎、寛一郎らが共演し、同23日から全国で順次公開。