金魚づくしの夏限定イベント「東京金魚ワンダーランド」イメージ

写真拡大 (全2枚)

 ワキン、リュウキン、ランチュウ、エドニシキ、アズマニシキ、チョウビ、タンチョウ、チョウテンガン、スイホウガン。夏といえば金魚だ。すみだ水族館(東京)で、20品種、約1000匹の金魚を鑑賞できる夏まつり、「東京金魚ワンダーランド」が、7月10日〜8月31日まで開催される。

 ぼんやりと光る約150個の金魚ちょうちんと、水槽の中でひらひらと舞う金魚たち。伝統飴細工専門店の浅草・飴細工「アメシン」が新たに制作した精巧な金魚の飴細工10種も展示し、江戸の美と匠の共演を楽しめる。金魚の色や模様を再現する体験プログラム「きんぎょの色あわせ」や、金魚鉢をイメージした「金魚ソーダ」などの特別メニューも登場。夏の風物詩を堪能できそうだ。