バルサが約26億円を掲示したとされる

写真拡大

中国・広州恒大は少なくともヨーロッパ・サッカー界ではユニークな声明を出しており、FCバルセロナからのパウリーニョ獲得オファーを断ったと説明している。

【関連記事:パウリーニョ移籍に監督言及】

声明のなかで広州恒大はその金額が2,000万ユーロ(約26億円)だったとオファーの詳細も明かしており、「パウリーニョは2017年1月に契約更新し、チームの長期的な構想の中で重要な選手である。我々はパウリーニョを売却する意思はなく、FCバルセロナからの同選手獲得オファーを拒否した。」と語っている。

また、「我々はFCバルセロナがこれほどまでにパウリーニョを評価してくれたことに感謝したい。」とも付け加えている。

バルサからのパウリーニョ獲得の興味は数日前に公にされており、パウリーニョ自身もブラジルのメディアに語っていた。なお、注目はバルサがこれで同選手獲得を簡単に諦めるかどうかである。