今秋の発売が見込まれるiPhone8は、フロント全面を覆う有機EL(OLED)ディスプレイなどといった大幅なデザイン変更により、1,000ドル(約11万3,000円)を超えるといわれています。
 
しかしアメリカでは、大手キャリアが大幅な値引きキャンペーンを実施することで、実際の購入金額はもっと安くなるだろうと、Nomura-Instinetのアナリストが予測しています。

長期契約で大幅値引きの可能性

アナリストのジェフリー・クバール氏は、VerizonやT-Mobileなどの大手キャリアが、長期契約したユーザーに対し、iPhone8の本体価格を大幅値引き、もしくは値頃な支払いプランを提供すると見ています。長期契約とはいわゆる「2年縛り」のようなものです。
 
こうしたプロモーションにより、1,000ドル超えという、ちょっと躊躇してしまいそうなiPhone8購入の敷居を低くするのではないか、というのが同氏の推測です。

来るか「スーパーサイクル」

Appleのティム・クック最高経営者(CEO)も指摘していたように、アメリカでは現在ユーザーの間で「iPhone8待ち」現象が起きており、iPhone6以来の大きな買い替え需要が来る可能性が高いと米キャリアは考えているようです。
 
今回のiPhone8に対する需要を「スーパーサイクル」と呼ぶ業界アナリストも少なくありません。クバール氏は、通信キャリアがこれを新規顧客獲得のチャンスと考え、値引きを含めたプロモーションを準備しているとみています。
 
 
Source:Business Insider
Photo:Martin Hajek
(lunatic)