私は旅に出ると、必ず現地から絵ハガキを出す。おみやげ屋さんで観光名所の絵ハガキを買って、喫茶店で書いて、現地の郵便局から送る。小さい時に近所のお姉さんがフランスから送ってくれた絵ハガキがすごく特別で、ずっと大切にしてたから、たぶん私はこれからも書き続けていくと思う。

その気持ち、ちょっとわかる、という人。この夏の旅行先に悩んでいるなら「絶景をその場で送れるスポット」に行くのはどうだろうか?

特別な「絶景」郵便局

Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送ることができる、という企画だ。

計3ヶ所の絶景スポットでは、期間中、臨時郵便局がオープンしている。来場者はそこで写真を印刷できて、さらには無料で海外風オリジナルレターセットをもらうことができる。手ぶらOKって本当に嬉しい。

旅先でいざ「手紙を書こう」と思っても、「あれがない、これがない」って撃沈することは結構ある。なのに、写真まで同封できるなんて最高だ。

まずは「湖上の秘境駅」から

第1弾は、秘境駅としても有名な静岡の「奥大井湖上駅」。

雄大な渓谷、エメラルドグリーンの湖、赤い鉄橋。まるでスイスの登山鉄道のような絶景に出会える。臨時郵便局は、7月7日(金)と7月8日(土)〜8月6日(日)までの土日、計11日間オープン予定とのこと。

第2弾は
足を運びやすい都内にも

8月には、東京・目黒の「STUDIO EASE」。

普段は雑誌やMVの撮影に使われていて、ほぼ一般開放されていないスペシャルスポット。まるでヨーロッパの路地裏のような空気感だ。こちらは、8月2日(水)〜6日(日)の、計5日間オープン予定。

その次は
日本の地中海?

第3弾は和歌山の「ポルトヨーロッパ」。

フランス・イタリア・スペインの町並みをそっくりそのまま再現したような園内は、まさにフォトジェニック。8月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)の計4日間オープン予定。

特設サイトでは、日本各地の絶景スポットも紹介されているので、旅行の計画を立てる時にも役立ちそう。

絶景を「観る」だけでなく、「送る」という楽しみ方。この夏にトライしてみては?

Licensed material used with permission by Surprise Trip Letter