テニス、ウィンブルドン選手権、男子シングルス2回戦。勝利を喜ぶノバク・ジョコビッチ(2017年7月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は6日、男子シングルス2回戦が行われ、大会第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)は6-2、6-2、6-1でアダム・パブラセク(Adam Pavlasek、チェコ)を下し、9年連続の3回戦進出を決めた。

 ウィンブルドンで3度の優勝経験を誇るジョコビッチは試合後、「今年初めてのセンターコートでの試合だった。他のコートとは違うんだ。でも全体的には、序盤から自分のリズムに持ち込み、狙い通りの試合をプレーすることができた」と語った。

 完勝を収めたジョコビッチは次戦、第29シードのファン・マルティン・デルポトロ(Juan Martin Del Potro、アルゼンチン)を破ったエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis、ラトビア)と対戦する。

 大会初戦で四大大会(グランドスラム)での通算勝利数を234に伸ばしたジョコビッチは、ジミー・コナーズ(Jimmy Connors)氏の233勝を抜き、歴代単独2位に立っている。
【翻訳編集】AFPBB News