多摩地区と成田空港を結ぶ空港連絡バス「サンリオピューロランド号」が7月7日(金)から運行開始

写真拡大 (全4枚)

京王電鉄バスのグループ会社である京王バス南は、サンリオエンターテイメントの協力のもと、2017年7月7日(金)から多摩地区と成田空港を結ぶ空港連絡バスに、「サンリオキャラクター」がラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を開始する。

この「サンリオピューロランド号」は、シナモロールの15周年に合わせ、イメージカラーであるブルーを車体の基調色とし、サンリオの14キャラクターがラッピングされている。バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様。国内LCCの主要ターミナルである成田空港から、オトナ女子のLCC旅行も楽しんでいただける“フォトジェニックバス”が誕生した。

■実施概要
運行営業所:南大沢営業所
運行路線:南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅 〜 成田空港
運賃:南大沢駅発3,500円 京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘駅発 3,400円
運行開始日:2017年7月7日(金)(予定)
運行本数:2往復/日



■インターネッ ト高速バス予約サイト「ハイウェイバスドットコム」

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・音楽ストリーミングサービス「AWA」が、「音楽認識機能」の提供を開始
・プレイステーション4「グレイシャー・ホワイト」を通常商品として発売
・「タツノコプロ55周年 GO!GO!記念展」を東武百貨店で開催
・LINE、デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト2017」を開始
・LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化