【詳細】他の写真はこちら

マウンテンバイクタイプは珍しい!

モーターの力によるアシストで楽々走れる電動アシスト自転車。最近では街中でもよく見かけるようになりました。一部モデルでは、オンロードでのスポーツ走行性能をアピールしているものもありますが、今回パナソニックから登場したのは、オンロードだけでなく山道もガンガン走れるマウンテンバイクタイプの電動アシスト自転車『XM1』。こちらは2017年9月1日発売で、価格は33万円(税別)。フレームカラーはマットチャコールブラックのみとなります。

スリムなバッテリーをフレームに搭載





『XM1』でまず目を惹くのは、ダウンチューブと一体化したようなバッテリー「セミインテグレートバッテリー」を採用している点でしょう。スポーツタイプの自転車のようなスマートで精悍な外観を実現したとされるだけあって、デザインにも注力されているのがわかります。バッテリーは36Vで容量8Ah(25.2V換算時は11.4Ah相当)と、スポーツタイプの電動アシスト付き自転車にしては大容量。満充電なら、常に協力にアシストしてくれる「HIGHモード」で約42km、走行条件で自動的にアシスト力を調整してくれる「AUTOモード」で約54km、アシスト力控えめで自動制御してくれる「ECOモード」で約78kmの走行が可能となっています。満充電までに掛かる時間は約3時間ですが、最初の約1.5時間でバッテリー容量の80%まで高速充電してくれるそうです。

タイヤはオフロード走行に対応した27.5×2.2HEサイズのものをチョイス。前後輪ともにディスクブレーキを採用し、高い制動力を確保しています。変速機は後輪のみで、外装10段シフト方式を採用。そのほか、クランク軸へ直接アシスト力を伝えることができる新開発のスポーツドライブユニットを搭載したことで、スムーズで快適なアシスト感を実現しているんだとか。特に20km/h前後での継続走行や、高ケイデンスでの走行に適しているとのこと。

なお、車体重量は21.8kg。サイズは全長1835mm、全幅590mmです。

フロントサスペンションはロック機能付き





一部のマウンテンバイクでは、オンロードの走行性能を高めるためフロントサスペンションにロック機構を備えた製品があります。この『XM1』でもその機構を備えており、ハンドルに備え付けられたリモートレバーからフロントサスペンションをロック可能。オンロードではサスペンションをロック、オフロードではオープンと、ハンドルから手を放さず手元で操作することができます。

速度や走行距離、アシスト力を表示できる液晶ディスプレイ





ハンドル中央に搭載される「センター液晶ディスプレイ」では、走行速度や走行距離、アシストの状態、バッテリー残量などの確認が可能。このディスプレイはあくまで様々な情報を視認するためのもの。アシストモードの切り替えはハンドルバー左側の「操作ユニット」で行う仕組みです。



文/塚本直樹

関連サイト



『XM1』プレスリリース

『XM1』製品サイト