現在テレビ業界はこぞって、新たな「オネエ」タレントを探している……ということで、Abema TV(アベマTV)にて7月5日に放送された『日村がゆく』では、3人の“金の卵”が登場。バナナマン日村勇紀は、風俗店に務める3人の“ニューハーフヘルス嬢”、AIKAさん、みくるさん、ニコさんとトークを展開した。

 番組では3人のカバンチェックを実施。「フリスクは唾液が出るからカバンに入れている。私が相手に唾液を飲ませるために」と、いきなり際どいトークを始めるAIKAさん。日村が、自分のことはどう思うかと尋ねると「男としてはない。ツヤのある頭がヤダ。短髪が好き」とAIKAさんからは冷たくあしらわれた。

 次に“SEXを楽しむために”持ち歩いているというコスプレ用のスクール水着をカバンから取り出したみくるさん。好きなタイプの男性は「黒髪・メガネで太ってる男性」とのこと。

 「もうちょいじゃん?オレ」と、日村がメガネをかけると「あ、抱きしめてもらっていいですか?」とハグを要求し、抱きしめ合うと「あ、いい。耳とか舐めても大丈夫?」と、要求はエスカレートしていった。

 また、ニコさんはカバンの中から、本来とは異なる使い方をするという“振動するヘアブラシ”を取り出して紹介するなど、今回の放送は、全体的にデンジャラスな回となった。

(c)AbemaTV