映画撮影用などプロユースカメラを販売するRed Digital Cinema Camera Company(Red)が、世界で初めてとなるホログラフィックディスプレイ採用スマートフォン「Hydrogen One」を発表しました。

HYDROGEN Pre-Orders

http://www.red.com/hydrogen

Hydrogen OneはAndroid OSを採用するSIMロックフリーのスマートフォンです。最大の特長は、5.7インチサイズの「Professional Hydrogen Holographic Display」(ホログラフィックディスプレイ)というディスプレイを採用するところ。ホログラフィックディスプレイは従来通りの2Dコンテンツだけでなく、3DやVR、AR、MRなどをサポート。さらに、「RED Hydrogen 4-View」(H4V)と呼ばれるコンテンツにも対応するとのこと。2Dコンテンツ、3Dコンテンツ、ホログラフィック・マルチビューコンテンツ、双方向ゲームコンテンツをシームレスに切り替えられると述べています。

ホログラフィックディスプレイについては5.7インチという画面サイズ以外について明らかにされておらず、詳細については不明。The Vergeは「AmazonのFire Phoneの立体効果『ダイナミック・パースペクティブ』と任天堂 3DSの裸眼3Dディスプレイの中間のようなもの」と表現していますが、技術的な内容は明らかになっていません。

その他にも、Hydrogen Oneではステレオサウンドを多次元のオーティオサウンドに変換する「H3O」アルゴリズムが採用されており、臨場感あふれるサウンド体験が可能で、H4Vに採用されるとリリースでは明かされています。

詳細なスペックが明らかでないHydrogen Oneですが、すでに予約受付がスタートしています。アルミニウムモデルが1195ドル(約13万5000円)、チタニウムモデルが1595ドル(約18万1000円)で2018年Q1(1月から3月)の出荷開始が予定されています。ただし、価格は保証されたものでなく変動する可能性があるとのこと。



「いったいHydrogen Oneとはどんなスマートフォンなのか?」「ホログラフィックディスプレイとは何か?」という議論が過熱し、性能に対する懐疑的な意見も出る中、RED公式フォーラムにRED代表のJim Jannard氏が投稿しています。

HYDROGEN... added color.

http://www.reduser.net/forum/showthread.php?159552-HYDROGEN-added-color&p=1743309

ホログラフィックディスプレイについて「それを実際に見てもらうまでに、うまく表現する方法がない」と述べ、実際に見た人は衝撃を受けるだろうと述べています。これまでに出てきたAmazon Fire PhoneやLG Optimusなどの技術的に劣った失敗例とは異なる、これまでに見たこともないような技術であるとのこと。

懐疑的な意見に対しては、「Redはこれまでも『詐欺ではないか?』という見解を、実際に製品をリリースすることで、ことごとく覆えしてきました。リリースを読まずに商品を注文するような熱狂的ユーザーの存在を知らない人たちには、信じられないことでしょう」と述べ、Hydrogen Oneは携帯電話市場で他の端末と差別化できる製品であるとしています。