中国で公共交通機関を利用したことのある人ならば、中国と日本では利用上のマナーが大きく違っていることを知っているだろう。たとえば地下鉄の場合、日本であれば車内では携帯電話の通話はマナー違反とされているが、中国では周囲の乗客に御構いなしに大声で通話する人は少なからず存在する。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国で公共交通機関を利用したことのある人ならば、中国と日本では利用上のマナーが大きく違っていることを知っているだろう。たとえば地下鉄の場合、日本であれば車内では携帯電話の通話はマナー違反とされているが、中国では周囲の乗客に御構いなしに大声で通話する人は少なからず存在する。
 
 日本ではマナー違反とされることでも、中国ではマナー違反にならないことは数多く存在するが、中国人が旅行で日本を訪れ、地下鉄を利用するうえで気をつけるべきことはどのようなものがあるだろうか。
 
 中国メディアの捜狐はこのほど、日本の地下鉄では守るべきマナーが数多く存在することを伝え、日本を旅行で訪れる計画の中国人に向けて、「日本で地下鉄を利用する際にやってはいけないこと」を紹介する記事を掲載した。
 
 記事は、日本の地下鉄は、手荷物検査などは一切行われないことを紹介し、大きな荷物を持っていても自由に乗車できることを指摘する一方、気をつけなければならないのは「日本人は他人に迷惑をかけることを嫌うと同時に、迷惑をかけられることも嫌う」という点だと紹介。そのため、地下鉄を利用する際には「日本人に迷惑をかけないよう配慮する必要がある」と論じた。
 
 たとえば、地下鉄の車内で「何かを食べること」、「酒を飲むこと」、「床に座り込むこと」などの行為はしてはならないと指摘。また、旅行客という立場であっても、大きな荷物で日本人の乗客の邪魔ならないよう注意すべきであると紹介。海外旅行中は旅行客それぞれが中国を代表する立場になることを自覚し、マナーの良し悪しに敏感な人の多い日本では文明的な旅行を心がけるべきであると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)