『BLEACH』ティザービジュアル ©久保帯人/集英社 ©2018映画「BLEACH」製作委員会

写真拡大

久保帯人原作の実写映画『BLEACH』のビジュアルが公開された。

【もっと大きな画像を見る】

昨年に連載が完結した『BLEACH』は、霊が見える高校生・黒崎一護が突然現れた死神・朽木ルキアから死神の力を与えられ、家族や仲間のために「虚」と呼ばれる悪霊たちと戦う様を描いた作品。来年夏に公開される実写映画版では主人公の一護役を福士蒼汰が演じ、監督を『図書館戦争』シリーズや『GANTZ』などの佐藤信介が務める。

今回の発表では、一護に扮した福士蒼汰のビジュアルを初公開。オレンジに髪を染めた福士蒼汰が、死神だけが使うことができる刀「斬魄刀」を手にした姿が捉えられている。

福士蒼汰は一護のビジュアルを表現するにあたり、「一護の特徴である髪色は絶対に外せないポイントなので、監督やスタッフと話しあい、何回もブリーチをして、色を加えながら、試行錯誤を重ねました。死覇装や制服など身に付けるものも細部まで拘り、一切妥協せずにまずは外見から“一護”というキャラクターを作りあげました」を明かしている。

また佐藤信介監督は福士蒼汰について「はじめて死覇装を着た福士さんを見たとき、『一護があらわれたな』と思いました。人間が死神に“ならされちゃった”話ですが、和装なのにオレンジ髪で、でかい刀を持っていても、『着てやってらぁ』『やってやったるよ』というようなブレない余裕を感じて。キャラとしてもそういう一護であってほしかったので、これはいけると直感しました」と語っている。