「活版TOKYO 2017」

2017年7月14日(金)から3日間にわたり、神保町三井ビルディングとテラススクエアで「活版TOKYO 2017」が開催される。昔からある活版印刷の技術を未来に残すため、表現の幅を広げるような新たな使い道を多くの人に広めることを目的とした祭典。今年で第3回目の開催となり、会場である神保町の街とのつながりを深めるため、今回のテーマは「喫茶店」となっている。入場無料、雨天決行で、時間は初日が12:00〜19:00 / 2日目と3日目が11:00〜17:00。
本イベントは、活版印刷に関わる会社や工房が実行委員として集まって開催される。普段は出会うことがない印刷に関する作り手と、印刷や紙に興味がある人々が直接出会う場だ。より身近に活版印刷の魅力に触れることができ、これからの活版の在り方も発信される。
神保町三井ビルディングでは、手動活版印刷機で特別コースターづくりを体験できる「活版印刷無料体験」や活版に携わる作り手が集まる「活版マーケット」、組版や実際の活版印刷事例などが展示される「活版印刷展示」を展開。テラススクエアでは、ワークショップや出張喫茶室、活版アイテム購買部が展開され、まるで談話室のような「活版パーラー」として活版印刷と会話を楽しめる。
■期間:
2017年7月14日(金)〜7月16日(日)

■開催場所:
神保町三井ビルディング
東京都千代田区神田神保町1-105

テラススクエア
東京都千代田区神田錦町3-22

■問い合わせ先:
活版TOKYO2017実行委員会事務局
url. http://kappan.tokyo/