ウェブ番組『F.Chan TV』とのコラボ企画。第53・54回は、実況アナウンサーの倉敷保雄氏、解説者の玉乃淳氏をゲストに迎えて、6月20日にカンゼンから発売されたディエゴ・シメオネ監督の自叙伝『信念〜己に勝ち続けるという挑戦〜』の発売を記念し、同監督について特集した。今回は、『信念』にも記されているシメオネ監督の印象的なエピソード・フレーズの数々を、ゲストの二人とMCの小嶋真子のコメントを交えて紹介する。

サッカーは『ボールのない競技』?

 選手としても世界に名を馳せる存在だったシメオネだが、現在は監督としての手腕を発揮しているのは言うまでもない。しかし、シメオネは自身の著書で、8歳の頃に彼のサッカー論は驚くべき境地に達していたことを明かしている。

 「フットボールでは、ボールを保持するよりも持たないで過ごす時間の方が長く、その間はスぺースを巧妙に埋めなければいけない。

つまるところ、ボールがあるために私たちの心をつかんで離さないこの球技は、ボールのない競技なのである。(『信念』より引用)」

 8歳という年齢で『フットボールをプレーするということがスペースで何かを見つけることなのだと感付いていた』というシメオネ少年。しかし、球技であるはずのサッカーが『ボールのない競技である』という常識を覆すサッカー論に少年期から到達していたことについて、倉敷氏も「ちょっと待って、それはないでしょ!(笑)」と爆笑。MCを務めた小嶋真子も「私、20歳になりましたけど、理解できていません」と、8歳のシメオネ少年のサッカー論にお手上げの様子だった。

ボールボーイで退場!?

 『信念』によると、シメオネは12歳の頃、ボールボーイを務めた試合においてまさかの退場処分を命じられた経験があるという。当時下部組織に所属していたベレス・サルスフィエルドのトップチームの試合で、相手GKが前に出ている状態でスローインとなったボールを素早く拾って味方選手に渡したためだそうだ。

 このエピソードについて、玉乃氏は「ああ、ここからきてるんだ」と一言。 シメオネは監督となった現在も、ボールボーイの起用法を含めた、試合の結果に影響し得る細かいディティールにまでこだわる。「今でも、ボールボーイの教育であったり選定に対しても異議を唱えます。実際に経験したことが活きてるんですね」と、玉乃氏はシメオネ少年が12歳にして“闘将”としての一面を見せていたことを指摘した。 

苦しみを闘志に変えるシメオネの強い“信念”

 「危機的な状況というものは素晴らしい。学びを得るためには最高である(『信念』より引用)」

 シメオネは、残留争いに身を置く状況だったラシン・クルブで選手を引退してから、わずか3日後には試合で采配を振るうこととなった。この言葉は、ラシンの監督に就任した当初に学んだことで、その時は苦しみを感じていても、将来的には貴重な経験として蓄積されるという意味である。

 現在シメオネが率いているアトレティコ・マドリーは、CLにおいて4季連続でライバルのレアル・マドリーとの直接対決に敗れ、敗退を余儀無くされた。しかし、その大舞台でライバルに負けるという悔しさこそが、シメオネを動かす大きなモチベーションになっていると倉敷氏は語る。

「取れていないタイトル。そしてライバルに負けているという悔しさが、次のモチベーションになる。シメオネに残された使命の一つというのは、もう一回、ライバルをCLでも倒す。倒して上に行って優勝する。というところが、多分大きなモチベーションになっている」

 どのような危機的状況も学びの場であり、その経験はいずれ血肉となって活きていく。そんなシメオネの強い"信念"が、アトレティコ・マドリーを世界の頂点に近づけているのかもしれない。

シメオネの研ぎ澄まされた集中力

 「ピッチに通じるトンネルをくぐる、それはフットボールにおいて最高の瞬間の一つだ。まるで未来への旅のようでもある。ずっと言い続けてきたことだが、私から100メートルの距離で爆弾が爆発したとしても、自分の耳には入らない(『信念』より引用)」

 この言葉は、ピッチ入場の前に選手が待機しているトンネルの中にいる時から、シメオネはすでに集中力が研ぎ澄まされた状態にあることを説明しているものである。彼にとってフットボールとは「心の準備」。そして心の準備とは、「試合が行われるずっと前からそれに立ち向かっているという形であり、この競技について感じていることをピッチ上でどう表すか決める方法である」と『信念』で述べている。

 シメオネは「(トンネルの中で)ジョークを飛ばす選手もいる」と様々なタイプの選手がいることも明かしている。しかし、試合を“戦争”と捉えている彼にとって、ピッチへと通じるトンネルの中とは、戦場に向かって緊張感と集中力を高めていく「旅」であったのかもしれない。

「試合とは“戦争”であり、ライバルを“殺す”必要がある」

「私にとって試合は“戦争”であり、ライバルを“殺す”必要があるという心持ちでいた。もちろん、そのどちらの言葉も比喩的な意味ではあるが(『信念』より引用)」

 シメオネは、選手としても監督としても世界のトップレベルで活躍を続け、この言葉を信条とするほど、情熱に溢れる人物である。もちろん「比喩的な意味」ではあるが、このあまりに衝撃的な台詞に「よく素直に言えるな(笑)」と玉乃氏。

 「元々ガビやサウール、トーレスなんて、育ちの良いお坊ちゃんでなよなよしい選手だったのが、彼が就任してからはもう“戦士”ですよ。シメオネに触発されて。監督がこれだけの気持ちだと、選手もこう(戦士のように)ならざるを得なくなりますよね(玉乃氏)」

 フットボールを戦争に例え、プレーヤーを“戦士”へと変えてしまうシメオネの監督術。彼は具体的かつ明確な言葉で、選手たちの覚悟を引き出している。

誘惑多きサッカー選手をどうモチベートするか

 「求めていたものを手中に収められるとすれば、それは愛のためにほかならない(『信念』より引用)」

 シメオネは、どんな選手でもトップクラスになるために努力を惜しまないのは、お金のためではなくプレーすることへの情熱に他ならないということをこの言葉で説明している。

 現在莫大な報酬を得られるプロサッカー選手だが、お金に目が眩んでしまうと、全く別の選手となってしまう。そこで必要なのがサッカーへの“愛”となる。

 倉敷氏はシメオネについて「どこのチームに行っても、新しい違う選手が入ってきても、必ずモチベーションを与えることができることこそが、彼の突出した才能」と語る。

 選手の目標は、置かれている状況やその時の成長の度合いにより様々。しかし、そのようなものは全て超越した“生きていくこと”に焦点を当てて、シメオネは情熱を持ってフットボールをプレーすることを説いている。

選手の「覚悟」を引き出す、シメオネの人心掌握

「諸君、もう戻ることのないこの瞬間を生きてくれ。悪い時期には、どれだけあがいたとしても、クソみたいな状況から抜け出せないものだと知っていてほしい。そうすれば良い時期にだって、同じように戦い続けられる(『信念』より引用)」

 これはラシン・クルブ(アルゼンチン)を率いていた当時、主力選手の移籍によって成績が低迷していた際に選手へ語った言葉とのこと。悪い時期に投げ出さずに乗り越えればいずれ良い時期が訪れるという意味だが、この後、実際にラシンは若手中心のメンバーで4連勝を果たすこととなった。

 玉乃氏によると「監督が何か嘘というか、本当に思っていることを言わなかったり、態度で(それが)分かってしまうと、選手というのはすぐぷいっとしてしまう」とのことだが、シメオネについては「社交辞令でもなく、本当に思っている言葉をかける。偽りない」と述べた。

 シメオネが率いるチームの選手たちは、まるで戦士のように「覚悟」を持って試合に臨んでいるように見える。選手たちと真正面から真摯に向き合い、全く偽りのない言葉をかけることこそが、彼らの心を奮い立たせている真の理由なのかもしれない。

「挑発は競技の一要素」。シメオネ、ベッカムとの騒動を振り返る

 シメオネは現役時代、世界各国の名クラブでプレーしアルゼンチン代表として3度のW杯を経験している。彼のアルゼンチン代表としてのキャリアの中で特に話題となったのは、元イングランド代表のデイビッド・ベッカムとの騒動ではないだろうか。

 ベッカムは1998年に開催されたフランス・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦、アルゼンチン対イングランドにおいて、シメオネによって退場に追い込まれた。シメオネからタックルを受け倒されたベッカムは、倒された状態のままシメオネの足を軽く蹴りシメオネを倒したのだ。それを見ていた主審のニールセンは、ベッカムにレッドカードを提示した。

 シメオネは『信念』で「挑発は明らかに競技の一要素である。挑発について言えるのは、自分たちが利を得る相手の行動を生じさせるということだ」と語っている。

 玉乃氏はこれに対し「挑発もサッカーの一部だということを、完璧にシメオネ監督はこの時、いやおそらく5歳の時から理解していたのでは」とし、「ベッカムはそれを多分十何歳の時に気づいたんでしょうけれども、シメオネの方が早かった(笑)」と倉敷氏も同調した。

 シメオネはこの試合で、「一つの状況を生かして利益を得た(『信念』より引用)」に過ぎない。この一件は、28歳のシメオネが、当時23歳だった若きベッカムより何枚も上手だったことを証明した瞬間だった。

最大のチーム力を引き出す、シメオネのモチベート術

 「我々がチャンピオンになれると信じていない人間は、スタジアムに来ないでほしい(『信念』より引用)」

 これは、エストゥディアンテス(アルゼンチン)を率いていた当時、最終節を首位のボカ・ジュニアーズから勝ち点3差の2位で迎えた際に、シメオネが記者会見で放った一言である。自らの勝利を信じることができなければ、奇跡は起きないという意味だが、実際にこの言葉を受けた選手たちは最終節を1-0で勝利し、奇跡的な逆転優勝を遂げた。

 倉敷氏は、中継する試合を通して「これは良い言葉をもらって入ってきたな」ということを感じる時があるそう。

 「これは必ず良い言葉を言われた人たちがここに出てきたんだろうなと感じる試合は何試合もあるので、監督の言葉って重要だと思いますね」

 シメオネは『信念』で「監督の資質は、自グループを管理するため、各選手の力を最大限引き出すために、 どのような仕事を実現していくかという方法にある」と述べている。グループの力を引き出すというその能力こそ、まさしくシメオネの真骨頂と言えるだろう。

「困難の中にも可能性がある」窮地で奮い立つ闘将

「ただ、とても困難であるだけなのに、なぜ不可能と言い切れるのか私には分からない。困難の中にも可能性があることを認めるべきなのだ(『信念』より引用)

 これは、低迷するラシン・クルブから2度目の監督就任オファーを受けた際に、思いとどまることを勧めた周囲の人々に向けて放った言葉である。

 シメオネは自身について「ぬるま湯に浸っていれば悶々としてしまう人間だ」と『信念』で語っている。このようなシメオネの性分について、玉乃氏は「教祖とか、神の領域に入りそうなくらい(笑)、彼は『信じる力』というのが凄まじい」と感嘆。

「今までのアトレティコの歴史を振り返ると、チャンピオンズ(リーグ)決勝に出て、レアルを倒すという発想すら、僕らにはなかったわけですよ。でも、彼は本気で、アトレティコが弱い時から、絶対そうなるということを信じてやまなかった。そういうところは、嘘でもいいから、そういう気持ちというのは持ちたいなと考えさせられました(玉乃氏)」

 危機的な状況を学び場とし、ぬるま湯に浸かることを嫌う。わずかであっても可能性を信じ、確信へと変えてしまうシメオネの“信念”。そんな信念を持ってすれば、サッカーだけでなく人生も、高いインテンシティーで“プレー”できるのかもしれない。

text by 編集部