バレンシア、出場機会を求めるユーベGKネト獲得へ! “驚異のPKストッパー”ジエゴ・アウベスの去就に影響か

写真拡大

▽バレンシアがユベントスのブラジル代表GKネト(27)の獲得に動きを見せているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽2015-16シーズンからユベントスでプレーするネトは、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの控えとして昨季は14試合に出場。8度のクリーンシートを記録するなど安定したパフォーマンスを見せている。

▽しかし先日、ネトが出場機会を求めてユベントス退団を考えていると報じられた。同選手に対しては、同じセリエAのナポリが関心を示していると言われていたが、『フットボール・イタリア』によると、バレンシアがオファーを出しているという。

▽報道によると、ユベントスはネトの移籍金を1000万ユーロ(約12億9300万円)に設定。バレンシア側は700万ユーロ(約9億円)にボーナスを加えた金額をオファーしたようで、ユベントス側がこれを了承したようだ。ネトは近日中にスペインに向かいメディカルチェックを受けるようだ。

▽なお、バレンシアでは“最強のPKストッパー”の異名を持つブラジル代表GKジエゴ・アウベス(32)が守護神として君臨。昨シーズンも安定したパフォーマンスに加え、リーグ戦では5本のPKを止める活躍を見せた同選手。

セビージャやマンチェスター・シティが獲得に興味を示していると噂されており、ネトの到着により移籍する可能性があるかもしれない。