小出恵介騒動「示談」「社長の謝罪」でも終わらないスキャンダル時限爆弾とは

写真拡大

 17歳の未成年女性と飲酒、淫行したとして無期限活動停止中の俳優・小出恵介。6月10日には相手女性と示談が成立したものの、その後に行われた所属事務所「アミューズ」の株主総会では畠中達郎社長が騒動について「創業39年の中で最大の不祥事」などと謝罪するなど、いまだに波紋を広げている。

 そんな小出に新たに浮上しているのが、裏社会との接点だ。

 小出といえば、最近になって女癖の悪さだけでなく、無類のギャンブル好きの一面も明らかになっている。

 5月には一部週刊誌で、小出が暴力団関係者や、半グレ集団も顔を出している都内にある複数の闇カジノや高レートの雀荘に頻繁に姿を現わしていたことが報じられたが、芸能プロダクション関係者はこう明かす。

「小出がよく顔を出していたとされる港区の闇カジノの中には、政治家や大物芸能人や芸能界にも幅広い人脈を持つ経済界の大物、ITベンチャーの社長なども常連として通っていた店もある。こういう言い方をすると波紋を広げますが、この周辺をマスコミに探られると単なるタレント個人の女性スキャンダルに留まらない影響を芸能界全体に与えかねないから、業界はかなりピリピリしています」

 小出騒動がさらなる「激震」をもたらす日も近い!?

(しおさわ かつつね)