ある日、子どもと一緒に博多駅の近くを歩いていた、いちは(@Willway_ER)さん。

※写真はイメージ

突然、降り出した雨に、傘を持っていなかった投稿者さんは、仕方なく濡れながら歩いていたといいます。

「まいったな」

子どもが一緒だったこともあり、そう思いながら歩いていたのでしょうか。

すると、突然若い女性が近づいてきて、「どうぞ」と傘を貸してくれようとしました。

※写真はイメージ

しかし、女性も傘は1本しか持っていません。

投稿者さんは、丁寧に断ったといいますが、すると女性はこんな言葉をかけてきたのです。

これから電車に乗るので、傘は邪魔になるんです。

もらってくださるほうがむしろ助かります。

とてもスマートなひと言!

ありがたく傘を借りた投稿者さんは、今回の出来事をツイートし、こう締めくくりました。

その女性に届け!

傘を貸してくれた女性の優しさと、投稿者さんが借りやすいようにと口にしたひと言に、多くの称賛の声が寄せられます。

こういうセリフがいえる人間でありたい。とてもステキなエピソードですね。女性の優しさと賢さが感じられます。その人、天使です。本当に素晴らしい女性だと感じました。

雨に濡れた親子に、スマートに傘を差し出した女性。

「自分もこういう人間でありたい」と、多くの人が感じるのも納得の素晴らしい振る舞いですね。

[文・構成/grape編集部]