画像提供:マイナビニュース

写真拡大

グラビアアイドルの森下悠里(32)が、6日深夜に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『じっくり聞いタロウ』(毎週木曜24:12〜)に出演。枕営業の実態を暴露した。

森下は「グラビア界で枕営業の話って昔からあると思うんですけど、12年間(グラビアを)やっていて私が思うのは、確かに一部ではいまだにある」と告白。「枕営業って誰と寝るの?」と聞かれると、「偉い方。決定権のある方ですね」と答え、「私も実際に何回かオファーされたことがあって」と明かした。

そして、「デビュー当時の二十歳になって間もない頃、ある有名な出版社の名前を言われて『写真集を出したいよね?』と言われて、『出したいです』と答えたら、『じゃあ打ち合わせ行こうか』と。大きな会社に行くのかなと思っていたらホテルに連れて行かれて」と実際に体験した枕営業の手口を語り出した。

続けて、「ホテルのスイート(ルーム)だったんです。そこにバスローブを着たおじいさんが座っていて、『どうするの?』と言われて、気がついたら私を連れて来た方はいなくなっていて。『ちょっとお手洗い行ってきます』と嘘をついてバッグを持って逃げました」と説明すると、生々しい体験談に出演者から驚きの声があがった。