画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは7月6日 (現地時間)、VR (仮想現実)空間で3Dコンテンツを作成できるVRアプリ「Blocks」を発表した。「HTC Vive」と「Oculus Rift」をサポートしており、7日からSteamとOculus Store (Rift向けのみ)で提供が始まった。価格は無料。入力にモーションコントローラを用いるため、Oculus Riftで使用するには「Oculus Touch」が必要。

2D画面で使うツールでは3Dオブジェクトが平面的に表示されるため、オブジェクトを回転させながら様々な角度から見て立体的なデザインを確かめなければならない。奥行きのあるVR空間で作成することで、3Dオブジェクトの立体感に触れながら直感的に3Dオブジェクトを作成できる。

Blocksは誰でも扱えるシンプルなツールである。従来の3Dモデリングツールでの作業に比べて、ブロックで遊ぶ感覚で3Dオブジェクトをデザインできる。ツールボックスには「シェイプ」「ストローク」「ペイント」「モディファイ (修正)」「グラブ」「イレース」の6つのツールが並ぶ。基本的な形のブロックを選んで引き延ばしたり、押し曲げたりしながら大きさや形を整え、それらを組み合わせ、色を塗り、描き、修正するなどして3Dオブジェクトを作り上げていく。ブロックと彫刻が混じり合ったようなデザインプロセスであり、デザインを立体的な形で確かめられるという点では3Dプリンタを使ったもの作りにも似ている。

作成した3Dオブジェクトは、VRやAR (拡張現実)で用いられるオブジェクトファイル (.obj)として書き出せ、Webで公開することも可能。Googleが用意したBlocksのコミュニティサイトでは世界中のBlocksユーザーの作品を閲覧でき、また作者が公開した作品をダウンロードしたり、GIFアニメーションを生成できる。

Googleは昨年春に「Tilt Brush」(19.99ドル)という仮想空間で絵を描く空間ペイントツールをリリース、同年秋にGoogle EarthのVRアプリ版「Google Earth VR」を公開するなど、VRコンテンツの拡充をサポートするVRアプリを提供し続けている。