ガラタサライのヴェスレイ・スナイデル【写真:Getty Images】

写真拡大

 ガラタサライに所属するオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルはイタリア復帰を希望しているようだ。伊メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

 同メディアによると、スナイデルの代理人は現在イタリアに滞在しミラン側と話し合いの場を設けたと伝えている。会談でミランが33歳のオランダ人と契約したかどうかは今のところ不明だが、近日中に結果が発表されるようだ。
 
 先日、伊メディア「Sportitalia」はスナイデルの代理人からミランに移籍の話が持ち掛けられる見通しだと報じていた。

 2010年南アフリカW杯で準優勝を飾ったオランダ代表の主力だったスナイデルは2009年から2013年までインテルでプレーしていた。その間、チャンピオンズリーグ優勝1回を含む合計6個のタイトルを獲得した。

text by 編集部