Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表

写真拡大 (全2枚)

Synologyは2007年7月6日、、Wi-Fiルータ「RT2600ac」を発売すると発表した。2017年7月下旬に発売予定。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はは2万9000円〜3万円(税込)。

RT2600acはオフィスと家庭のどちらででも導入できるように設計された、セキュリティー重視の高速なWi-Fiルータ。RT2600acは統一された直観的なUIを採用し、ニーズに合わせ様々な機能を追加できるパッケージに対応。途切れることのない安定した有線接続と、無線接続を同時に複数のユーザへ提供可能だ。また、VPN Plusを使用することで、Synologyのルータで極めて容易にオンプレミスのVPNソリューションを構築できる。

最高のユーザー体験とネットワークパフォーマンスを提供するため、RT2600acは1.7GHzデュアルコアプロセッサを搭載し、MU-MIMOをサポートする802.11ac wave2に対応している。MU-MIMOに対応することで同時に複数のデバイスが高速で接続できる。RT2600acはスマートコネクトを有効にすることで、各デバイスは自動的を最適な帯域に接続する(2.5GHz帯と5GHz帯)。デュアルWANを使用することで、2つのインターネット接続回線を連携し、最大で2.0Gbpsの帯域幅を実現する。また、帯域のバランシンぐやフェイルオーバーの設定も可能だ。

RT2600acに搭載されているSRMオペレーティングシステムには、ユーザにわかりやすく設計されながら、プロフェッショナルレベルの様々な用途に対応できるネットワーキングツールも用意されている。アプリケーションレイヤQoS(サービス品質)により、デバイスだけでなくアプリケーション毎による帯域使用量が監視・管理可能だ。高度なトラフィック制御とアプリケーション検出機能を有効化している状態でも、ハードウェアアクセラレーションエンジンのおかげで接続されているすべてのデバイスに対し、高い性能とスループットを維持することを実現した。また、RT2600acはDLNAに対応している。

Synology RT2600acにVPN Plusが導入されたことで、SOHOビジネスや小規模ビジネスで簡単に仮想オフィス環境を整えることが可能。WebVPNを使用すると、イントラネットのようなWEBベースの社内サービスにそのまま簡単にアクセスできるようになるため、外出先などリモート環境でも、ブラウザを開くのと同様の簡単な操作で作業ができる。ファイルサーバーに接続したりリモートメンテナンスを行ったりする必要のあるユーザーに対し、Synology SSL VPNは、SSL暗号化によって保護された優れたパフォーマンスを提供するほか、簡単にセットアップが可能となっている。

さらに、VPN Plusには、管理者がネットワークを可視化、最適化するための包括的な権限設定およびトラフィック管理ツールが用意されている。また、SSTP、OpenVPN、PPTP、L2TP over IPSecなど、その他のプロトコルのサポートにより、VPN Plusがあらゆる環境に円滑に統合されることが保証されている。

VPN Plusでは、WebVPN、Synology SSL VPN、およびSSTPへアクセスできる、1つの無料同時アカウントを提供しています。より多くの同時アクセスを可能にするために、ライセンスを別途追加で購入できるようになっている。

■RT2600ac
■VPN Plus

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
・歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催
・ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売
・「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験

XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売