マドリーに復帰したヘスス・バジェホ【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーが6日、フランクフルトにレンタル移籍していたU-21スペイン代表DFヘスス・バジェホの復帰を正式に発表した。既にフランクフルトは今年6月にバジェホがマドリーに復帰することを発表しており、マドリー側は1ヶ月遅れの正式発表となる。

 昨年夏にフランクフルトへレンタル移籍したバジェホは、すぐにレギュラーポジションを確保し公式戦27試合に出場した。先日まで開催されていたU-21欧州選手権にもスペイン代表として出場しチームの決勝進出に貢献している。スペイン代表は惜しくもドイツ代表に0-1で敗れて優勝を逃していた。

 今季までマドリーの主力として活躍していたポルトガル代表DFペペがトルコ1部ベシクタシュに移籍したため、バジェホはその“後釜”と考えられている。まずは、セルヒオ・ラモスやラファエル・ヴァランといった選手とのポジション争いを制することが出来るかに注目だ。

text by 編集部