カシージャス、ポルト残留へ…本人がツイートで表明「とても嬉しい」

写真拡大

 スペイン代表GKイケル・カシージャスが、ポルトでのプレーを続行することを明かした。同選手は6日にツイッターを更新し、「もう1年、ポルトで(プレーを)続けることができる。とても嬉しいよ。今後の挑戦が楽しみだ」とつづっている。

 カシージャスについては5月29日付のスペイン紙『マルカ』が、昨シーズン限りでのポルト退団が有力と報道。2015年夏からポルトでプレーしている同選手の契約は昨シーズンで満了を迎え、規定試合出場数を充足すれば選手側に契約延長のオプションが与えられる条項が存在すると伝えられたものの、カシージャスは退団を希望していると報じられていた。

https://twitter.com/IkerCasillas/status/882880109358845952

 そしてラス・パルマスやマラガ、レアル・ソシエダといったリーガ・エスパニョーラの複数クラブからの関心や、カシージャスがプレミアリーグでのプレーを第一希望に挙げているといったことも報じられ、動向に注目が集まっていた。

 しかし最終的には、ポルトでのプレー続行を決断したようだ。現在36歳のカシージャスは昨シーズンのプリメイラ・リーガでは全34試合中33試合に出場し、わずか16失点。半数以上の19試合で無失点を記録するなど、高い能力は今も健在だ。