(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン

写真拡大 (全2枚)

 フィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、ギャグイラストの「バカドリル」などでも知られる異才の漫画家タナカカツキ氏の名作『逆光の頃』が映画化され、7月8日から全国順次公開される。京都の街を背景に、日常と非日常、夢と現実の双方を行き来する17歳の孝豊(高杉真宙)のゆらめきときらめきを描いた本作で、孝豊が恋する幼なじみのみことを演じた葵わかな。平成29年度後期 連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン役も決定した期待の若手女優が、映画や演技について語った。

-原作漫画のことは知っていましたか。

 全く知りませんでしたが、撮影前に読んで、独特な世界観のあるお話だなあと思いました。特に何か事件が起きるわけではないのですが、読んだ後は、感情が揺れ動く感じがとてもすてきだなあと思いました。

-出身は神奈川県。京都弁は難しかったですか。

 とても難しかったです(笑)。イントネーションだけではなく、言葉の伸び方や、言葉と言葉の間のちょっとした間(ま)などに、東京の人っぽい感じが出てしまうらしくて…。それが自分では分からないので、何度も何度も、それこそクランクアップの前日まで言葉の稽古をしました。こんなに言葉の稽古をみっちりしたことはなかったので、それでなんとかなじめたのかなとは思います。方言指導の方と高杉さんと(小林啓一)監督と4人でずっと台本の読み合わせをしていました。せりふの間とか言葉の流れをつかむと、自然と呼吸や空気もそれっぽくなっていくところが監督の狙いだったと思います。後半は自分でもしっくりくるようになりました。言葉はリズムが大事だなと改めて思いました。

-相手役の高杉真宙さんの印象は?

 お会いする前は、真面目な方なのかなと思っていました。実際にお会いしてみると、周りに気を配りながら、自分もちゃんと持ってらっしゃって、とても自由にやられているという印象でした。例えば、監督には役に対するイメージがはっきりとあって、そこから出てしまうとNGになります。私は、その枠の中で何ができるのかと、とても悩みましたが、高杉さんは自由な発想で、右が駄目なら左を出すみたいな微妙なところで、監督との息がぴったりと合っていました。孝豊なんだけど高杉さんでもあるという、そのあんばいが上手だなあと思って、とてもうらやましかったです。

-小林啓一監督の演出法は?

 ワンシーンのために1日懸けることもあって、テンポやニュアンス、空気感をとても大事にしていると感じました。最初は監督の「何か違う」の「何か」を探すのに苦労しましたが、いろいろとお話してくださったので、それを受けているだけではなくて、私も自分の意見を伝えるようにしました。その結果、単なる監督と役者という感じではなく、スタッフとして一緒に映画を作っているようなやりがいや達成感を感じました。この映画に出演させていただいたおかげで、今まで自分が思っていた「お芝居ってこういうもの」という概念がくつがえされて、お芝居ってもっともっと面白いものかもしれないと思えるようになりました。

-京都独特の古風な風景の中に身を置いた気分はいかがでしたか。

 現実なんだけどちょっと浮世離れした風景がたくさんある、とても京都らしい場所での撮影が多かったので、最初は京都の街並み全体が持つ独特の雰囲気に溶け込めるのか不安でした。でも、1日ワンシーンというような撮り方だったのでいつの間にか溶け込んでいました(笑)。

-では、この映画の見どころを。

 全編京都ロケで撮った“京都の映画”なので、風景がとても美しく撮られています。京都に行きたくなったらぜひ見てほしいなと思います。とても緩やかな涼しい映画で、私自身、孝豊を見守るような視点で見ている自分に気付きました。どなたが見ても登場人物のキャラクターを愛せるような映画になっていると思います。

-最後に今後の抱負を。

 女優というお仕事は、正解がないところが面白いと思います。役づくりに関しては悩むのが仕事みたいなところもあります。ただ、演じている時は苦しくても、終わった時に「今、役と一つだったなあ」というような達成感もあります。感情を表現する仕事で、それが見る方に伝わる喜びも感じます。これからも、いろいろな役を演じることができればと思います。

(取材・文/田中雄二)

 映画『逆光の頃』は7月8日(土)から新宿シネマカリテほか全国順次公開。