(写真手前)笑福亭鶴瓶、いとうあさこ

写真拡大 (全4枚)

落語家・笑福亭鶴瓶が6日、都内で、米アニメ映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語吹き替え版・完成イベントに参加、声優の宮野真守、俳優の松山ケンイチ、生瀬勝久、お笑い芸人のいとうあさこ、歌手の中島美嘉らとともに登壇した。

そこでは、翌日が7月7日の七夕ということで、あらかじめ短冊に記したいた"願い事"を発表した。

鶴瓶は、時事ネタ・週刊新潮が報じた豊田真由子議員の暴言をピックアップ。元秘書への暴言「このハゲーッ!」と暴言を吐いたことを取り上げ、「このハゲーが、流行語大賞になりませんように」と読み上げ、笑いを起こした。

シリーズ第1弾(2010年公開)から、今作の第4弾まで、主人公・グルーの声を担当してきた、鶴瓶。「子供たちからは『グルー』って言われることがある」とエピソードを紹介すると、グルーの双子の兄弟・ドルー役を任された生瀬から「じゃあ、笑福亭グルーに名前を変えたほうがいいかも」と改名をすすめた。

すると「どんな漢字を書くねん」とツッコミ返し、笑わせた。

生瀬は、この会場で"新キャスト"として発表された。

「俳優の仕事ではビジュアルで芝居をしています。こうやって声の仕事をさせていただけるのはすごく嬉しいです」と立ち上がって挨拶。「あれっ?ここでそんなに笑いが出ないということは、ビジュアルで勝負できているってことですよね?」と言ってのけた。

鶴瓶が反応し、「ほら、あそこで、笑てたやん」とツッコミを入れて、笑い合っていた。

この作品は「怪盗グルー」シリーズの最新作。今月7月21日から全国公開される。


(左から)笑福亭鶴瓶、いとうあさこ、生瀬勝久



生瀬勝久


▼ 『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え版・完成イベントより

宮野真守、中島美嘉、松山ケンイチ、笑福亭鶴瓶、生瀬勝久、いとうあさこ


▼ 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹替版予告A


■関連リンク
映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』 - 公式ホームページ