逆境なんて吹き飛ばす! (C)2017「パーフェクト・レボリューション」
製作委員会

写真拡大

 リリー・フランキーと清野菜名が共演した実話ベースのラブストーリー「パーフェクト・レボリューション」の予告編が、公開された。

 自身も脳性マヒを抱え、障がい者の性への理解を訴え続ける活動家・熊篠慶彦氏が、企画・原案を務めた物語。重度の身体障がいを抱えるクマ(リリー)は、「障がい者だって恋をするし、セックスもしたい!」と講演活動を行う日々を送っていた。そんなある日、クマは人格障がいを持つ風俗嬢のミツ(清野)と出会い、距離を縮めていく。「最後の命」で知られる松本准平監督がメガホンをとった。

 予告編には、「美しい星」や「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(9月16日公開)のリリー、「暗黒女子」や「ユリゴコロ」(9月23日公開)の清野といった話題作に多数出演する2人の体当たりの演技が収められているほか、劇中曲を担当した人気ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸がナレーションに初挑戦している。

 さらに、講演会でクマと出会ったミツが「付き合ってください!」と大胆に告白し、「もうこの体で恋愛するのは……」とクマが渋るも、献身的かつパワフルに壁を打ち砕いていくさまがエネルギッシュに切り取られている。2人が電動車いすに乗って夜道を疾走する姿や2人で見つめあいながらダンスするシーン、「私みたいなのと、あなたみたいなのが幸せになったら、すごいことだと思わない?」とミツがクマにほほ笑みかけるさまが収められており、「銀杏BOYZ」の人気曲「BABY BABY」が2人の恋路を彩っている。

 リリーは熊篠氏の長年の友人であり、「役柄を問わず協力したい」と自ら出演を直訴したそうで、「BABY BABY」の使用についても「クマとミツの関係性にピッタリの曲だから、使わせてほしい」と峯田に直々にオファーしたという。峯田も作品にほれ込み、オファーを快諾したことから、コラボレーションが実現した。

 「パーフェクト・レボリューション」は、小池栄子、岡山天音、余貴美子らが脇を固める。9月29日から全国公開。