ホンダ「GRACE(グレイス)」。(画像:本田技研工業発表資料より)

写真拡大

 本田技研工業(ホンダ)は、コンパクトセダン「GRACE(グレイス)」をマイナーモデルチェンジし、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用、7日に発売する。価格は消費税込176万9,040円〜235万5,480円。

【こちらも】ホンダ、フィットをマイナーモデルチェンジ、安全支援システムを採用

 グレイスは、「コンパクトセダンの刷新」をコンセプトに掲げた、選れた燃費性能を誇る5ナンバーサイズのセダンである。かつてホンダを代表するハイブリッドカーだったインサイト、海外向け車種であるシティなどの流れを汲む。2014年12月に初代が発売され、フルモデルチェンジはまだ行われていない。

 なお、当初はハイブリッド専用車種であったが、翌2015年6月にガソリン仕様車が追加発売されている。また、5ナンバーのハイブリッドセダンでは珍しい4WDモデルもある。

 さて、では今回のマイナーチェンジについて見ていこう。

■エクステリア

 フロントグリルの印象を力強くし、また、インラインタイプのLEDヘッドライトをHYBRID LX/EXに標準装備。スポーティーなデザインにより磨きをかけた。カラーはブリリアントスポーティブルー・メタリックとルナシルバーメタリックを追加、全7色となった。

■インテリア

 全グレードでシート表皮を一新、上質さにこだわった装備へ。

■パワートレイン

 ハイブリッドモデルにおいて、34.8km/Lを達成。

■快適装備

 スマートフォンと連動した新機能を追加、Apple CarPlayに対応。さらに便利になったHondaインターナビを(タイプ別で)搭載。

■安全運転支援

 誤発進抑制機能をはじめとした8つの機能を備えた先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを採用。安心装備を大幅に充実させた。また、オートハイビームを新たに採用。