6日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で、TOKIO長瀬智也が、ジャニーズ事務所の退所を考えていた時期があったことを明かした。

番組では、ゲストとして登場した長瀬が、番組MCの嵐・櫻井翔に聞いてみたかったことを次々に質問した。

櫻井への質問が終わると有吉弘行が、逆に櫻井から長瀬に対して質問はないのか?と尋ねた。しばらく考え込んだ櫻井は「ギリギリ(の質問)になるかもしれないですけど」と前置きしたうえで、「1回でも(事務所を)辞めようと思ったときありました?」という質問をした。

これに長瀬は「あーでも…」と迷う様子をみせたが「ガチで答えて、あるよやっぱそりゃ」と告白。さらに櫻井に向けて「(櫻井も辞めようと思ったこと)あるでしょ?」と質問を返した。

櫻井が「あります」「デビュー前も含めて」と打ち明けると、長瀬も「もちろんもちろん」「なんなら何度もくらいある」と話し、ほかの出演者を驚かせた。

有吉が理由を尋ねると、長瀬は「まさか自分みたいなやつが、やっていけないだろうな」と思っていた時期があったと語る。

長瀬は、過去に出演したドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系)での役どころを引き合いに「だからきっと、ああいう表現のドラマをやっていたのかな」「別にどうなってもいいみたいな、そういう思いはあったと思う」「これでダメだったらこの世界にいる必要はない」と、かつての自身の思いを打ち明けていた。

【関連記事】
ジャニーズ不遇の時代の合言葉 現在でも使われる「終わった」
TOKIO・城島茂の売れない時代の困窮 後輩・風間俊介も「日本の話とは思えない」
TOKIO・松岡昌宏が国分太一に3発ぶん殴られた過去を告白