Photo by cinemacafe.net

写真拡大

玉木宏がかつてないほどの悪に染まった主人公を演じる、中村文則の傑作ミステリーの映画化『悪と仮面のルール』。このほど、本作の全キャストが発表され、今年、主演作『トモダチゲーム 劇場版FINAL』や話題の実写化『銀魂』など活躍著しい吉沢亮が、テロリスト役に初挑戦することが分かった。
財閥家・久喜に生を受けた少年・文宏は、10歳になったとき、自身の出生の秘密を知ることとなる。狂気にして巨悪、当主である実父に聞かされたのは、文宏が“純粋悪”となることだけを望まれて生まれた存在だということ。さらに、悪となるための教育として、14歳の誕生日に「お前に地獄を見せる」と告げられる…。その日までに1年を切ったとき、文宏は父の部屋を覗き見た光景から地獄とは何かを予期する。想いを寄せ合う相手、久喜家の養女・香織が父の手によって汚されようとしていた。彼女を守るために、文宏は父を殺す。奇しくもそれは、父が望んだ悪に近づくことでもあった。

父を殺害した後、文宏は心身を喪失し、歪み、しだいに望まない父に似ていく。彼を慮りつつも、父の面影におびえる香織に、文宏は彼女の前から去ることを決意。文宏は別人・新谷になりすまし、香織を陰から見守り続ける。そんな中、彼女の身を狙う存在を排除した文宏は、その裏で糸を引く人物と出会う。その人物とは、父と同じ歪みを持つ久喜家の者、文宏の兄だった…。文宏は彼女を守るために、再び罪を犯すことを決意する――。

2005年の「土の中の子供」で芥川賞を受賞した原作者・中村文則は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」の「年間ベスト10ミステリー」に2012年、2013年と連続で選出され、2014年にはノワール文学(=犯罪や暴力を主題に据えた小説)への貢献を讃えるアメリカの文学賞「デイヴィッド・グディス賞」を日本人として初めて受賞、世界的にも注目されている。本原作もまた、彼の世界的評価を決定的なものにした話題作だ。

本作では、爽やかなイメージで知られる玉木さんが自ら「非常にデリケートで難役」とコメントするように、特殊な環境で育ってしまった男の究極の愛を描く物語で、悪を秘め、それと戦う主人公に挑む。原作の中村氏も「現場にお邪魔して、とても面白くなると肌で感じました」と期待の声を寄せている。

先日、香織役を「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に続いて、新ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」にも出演する新木優子が務めることが発表されたが、今回、テロリストグループ「JL」のメンバーで、玉木さん演じる久喜文宏をJLのメンバーに引き込もうとする伊藤亮祐役に、『銀魂』の沖田総悟役から『斉木楠雄のΨ難』『リバース・エッジ』など話題作が目白押しの吉沢さんが決定。彼もまた、これまでのイメージを一新するような、テロリストグループのメンバーとして登場する。

さらに文宏の兄で、父の死後、久喜家の中枢となる久喜幹彦役には中村達也、文宏が成り代わった人物・新谷を殺人の容疑者として疑う刑事・会田役を柄本明、文宏の父が雇っていた探偵で、新谷となった文宏からの依頼を受ける榊原役には光石研と、バラエティに富み、かつベテランの役者たちが脇を固める。

「役作りで初めて髭を伸ばしたのですが、こんなに生えるのかとビックリしました」という吉沢さんは、「大好きな中村文則さん原作の作品に携われて、とても幸せな時間でした」とコメント。「ある意味ファンタジーチックな世界観であり、ファンタジーチックな役でしたが、彼なりの歪んだ正義、そして歪みきれない自分への葛藤などをリアルに描こうと、精一杯演じました」と、新境地ともいえる役柄に手応えを覗かせている。

『悪と仮面のルール』は2018年、全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
【インタビュー】俳優業を続けると思わなかった――吉沢亮を躍進させた理由
玉木宏、悪に染まる…「悪と仮面のルール」映画化
【予告編】柳楽優弥×吉沢亮、迫真の殺陣&熱い思いに感涙!ドラマ「銀魂-ミツバ篇-」
中村勘九郎&柳楽優弥&吉沢亮、『銀魂』“真選組”ビジュアル公開!
二階堂ふみ×吉沢亮、青春漫画の金字塔「リバーズ・エッジ」が映画化決定!