ポルト残留を報告したカシージャス

写真拡大

イケル・カシージャスは最低でもあと1年ポルトに残留する。
イケル自身が6日木曜日にSNS上で認めた。

【関連記事:イケル遭遇 “メッシ”に驚愕】

ここ数ヶ月、彼の将来についての疑惑が浮上しており、ポルトガルのクラブ退団後はレアル・ベティスが移籍先候補として報じられていた。

しかし、イケルは今夏どこにも行かないことをツイートで明かした。
「ポルトでもう1シーズン過ごせて本当に幸せだ、来たるチャレンジにワクワクしている。」

先週27日火曜日に、カシージャスは監督セルジオ・コンセイソンの下でポルトでの3度目のプレシーズンを開始した。チームは7月15日までポルトに残り、パコ・へメス率いるクルス・アスルとのスーペルコパ・テカテを戦う予定である。