iPad Pro 10.5インチに買い替えをおすすめする5つの理由

写真拡大 (全15枚)

新しい10.5インチiPad Proは、ベゼルが薄くなり“今どき”なデザインへと変わりました。従来のiPad Proシリーズが気になっていたものの、購入には至らなかった皆さん。今こそ買い替えを検討するベストタイミングです。

今回は新iPad Proを3週間じっくり使ってみた筆者が、本機について抑えておきたい5つのポイントを紹介します。

 

Appleは2017年6月、10.5インチのiPad Proを発売しました。同シリーズはそれまで12.9インチ、9.7インチの2サイズで展開してきましたが、10.5インチが登場し旧9.7インチモデルに置き換わりました。

モデルは両サイズともに最新のA10Xチップを搭載。従来モデルのA9Xチップに対し、さらに性能が向上しています(CPUは30%速く、グラフィックス処理は40%速くなった)。もちろん、「Apple Pencil」や「Smart Keyboard」などの専用アクセサリーを利用可能です。

 

(1)持ち運びに適したジャストサイズ

10.5インチiPad Proを選ぶメリットは「携帯性と機能性のバランスが良いこと」でしょう。

Apple PencilやSmart Keyboardを利用できるiPad Proでは、「描画」「タイピング」などを利用するシーンが増えます。そのため、アプリによっては、画面サイズが大きい12.9インチの方が使い勝手が良く感じられます。

しかし、タブレットとして持ち運ぶことを考えると、12.9インチモデルは決して軽くはありません。携帯性を重視するなら、スリムな10.5インチモデルがおすすめです。

▲10.5インチiPad Proは、幅174.1mm×高さ250.6mm×厚さ6.1mm。A4サイズの雑誌と比べると一回り以上小さい

従来の9.7インチモデルと比べると、本体サイズは若干大きくなりましたが、変化は微々たるもの。幅は4.6mm、高さは10.5mmのみ増加。厚さは変わっていません。

▲3サイズの比較。手前から9.7、10.5、12.9インチモデルのiPad Pro。9.7と10.5の差は僅かだ

一方、ディスプレイが9.7から10.5インチへと大きくなったことで、画面の迫力は増しています。

▲左が9.7インチ、右が10.5インチモデル。ディスプレイは約20%サイズアップした。一方、本体サイズの変化が最小限に抑えられているのは、ベゼル(縁の部分)が薄くなった恩恵だ

ちなみに解像度は2224×1668ピクセルで、P3の広色域を採用。輝度は600ニトで、1.8%という低い反射率も特徴です。

 

(2)日本語配列のキーボードも使えるように

「Smart Keyboard」はiPad ProのSmart Connector端子に接続して使える別売のキーボードカバーです。充電の必要がなく、磁力でカチッと装着して使用します。持ち運ぶ際には、ディスプレイ面を保護するカバーにもなります。

旧モデルでは英語配列(US)のみでしたが、10.5インチiPad Pro向けのSmart Keyboardでは、新たに日本語配列(JIS)のキーボードも選択できるようになりました。

▲9.7インチ旧iPad ProのSmart Keyboard(US)(上)と10.5インチ新iPad ProのSmart Keyboard(JIS)(下)の比較

筆者が特に良いなと思ったのは、JIS配列では「英日入力の切り替え」がスペースキーの両サイドにある「英数」「かな」で行えるようになっていること。旧Smart Keyboardでは最左下にあるキーを押して、切り替える方式でした。こちらは素早い変換には不向きだったので、タイピングを重視する人にとっては嬉しいポイントです。

▲10.5インチ向けのSmart Keyboard(JIS)。スペースキーの横に「かな」「英数」がある

ちなみに、幅が若干広がったことで、スペースに若干の余裕も生まれました。「A」中央から「L」中央までの距離を測ったところ、およそ5mm広がっていました。

▲サイズ感はこんな感じ

僅かな差ではありますが、タイピングする際の手の緊張も少しばかり緩んだような気もします。

 

(3)残像感が少なくなったディスプレイ

新モデルでは、画面表示を書き換える速度(リフレッシュレート)が120Hzに上がりました。従来機では60Hzだったので、倍の速度で画面が切り替わります。

つまり、「シャーーー」っと、画面を高速スワイプしても、残像感が少なくなり、滑らかに表示されるということ。

▲リフレッシュレートの向上は、Apple Pencilとの連携で力を発揮する

ちなみにiPad Proでは、別売のApple Pencilを組み合わせると、綺麗に手書きのメモを取ったり、絵を描いたりすることができます。実は、リフレッシュレートが向上したことで、Apple Pencilの素早いレスポンスがディスプレイ上にも反映されるようになりました。

▲Apple Pencilの素早い動きをスローモーションで捉えると、かろうじて遅延が見える。肉眼では遅延はほとんど感じられず、使用感はまさにリアルな鉛筆に近い

筆の動きが素早い人や、緻密で精細な絵を描く人などは、こちらの恩恵も受けられそうですね。

 

(4)カメラはiPhone 7と同等の画質へ

新モデルには、iPhone 7と同じ1200万画素カメラが搭載されました。F値は1.8で、光学式の手振れ補正にも対応します。つまり、より明るく、ブレの少ない撮影できるようになりました。なお、デジタルズームは5倍までサポートします。

▲手前から10.5インチ、9.7インチ、旧12.9インチモデル。リアカメラの形状がそれぞれ異なる

「iPadを持ち歩いて、そのまま写真も撮りたい」という人もいるのではないでしょうか。さすがに12.9インチモデルを持ち上げて写真を撮るのは一苦労ですが、10.5インチなら許容範囲です。

 

(5)iOS 11の登場が待ち遠しい

WWDC 2017で発表された次期OSバージョン「iOS 11」では、iPad Proの機能が大幅にアップグレードされる予定です。例えば、下記のような機能が更新されます。

▲ホーム画面下部にある「Dock」に最近使用したアプリが候補として表示されるように。また、「Appスイッチャー」のデザインも改良され、アプリの切り替えが行いやすくなる

 

▲アプリ間で、ドラック&ドロップでのファイル移動が可能になる。また、「ファイル」アプリケーションによって、ローカルやクラウドのファイル操作が容易になる

 

▲iPadのロック画面をApple Pencilでタップすると、素早くメモを取れるようになる。インライン描画もサポート。Spotlightを使って手書きのメモを検索することも可能に

こうしたアップデートを経てこそ、iPad Proの真価が発揮されると言っても過言ではありません。

特に「ドラック&ドロップ」など、ファイル操作が強化されることで、よりPCライクな活用も期待できます。iPad Proがビジネスシーンで多用される日も近そうです。

 

■Wi-Fiモデルなら6万9800円〜

10.5インチiPad Proのカラーバリエーションは「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」「ローズゴールド」の4色。ストレージは64GB、256GB、512GBから選択できます。

通信方式は、Wi-Fiのみに対応する「Wi-Fi」モデルと、モバイル通信にも対応する「Wi-Fi+Cellular」モデルの2種類。価格は最低6万9800円(税抜、以下同)〜となります。

▲10.5インチiPad Proの価格例(オンラインのApple Storeより、2017年7月4日現在)

ちなみにSmart Keyboardは1万7800円、Apple Pencilは1万800円。iPad Proの機能をフル活用するには、どちらも必須のアクセサリーです。予算に余裕があれば、長期利用を想定して、併せて購入することをお勧めします。

>> Apple「iPad Pro」

 

(取材・文/井上 晃)

いのうえあきら/ライター

スマートフォン関連の記事を中心に、スマートウォッチ、ウエアラブルデバイス、ロボットなど、多岐にわたる記事を雑誌やWebメディアへ寄稿。雑誌・ムックの編集にも携わる。モットーは「実際に触った・見た人だけが分かる情報を伝える」こと。編集プロダクション「ゴーズ」所属。