食べ物専用カメラが使える! Foodieでナチュラルかわいく盛ろう

写真拡大

インスタなどに自撮りや自分の写真を載せたい! という願望はあるけれど、なぜか写真の写りが悪い人っていますよね。snowなどの盛れるアプリを使えば、確かに目が大きくなったり可愛く撮れるけど、ちょっとわざとらしいし20代後半にもなってsnowで自撮りしてたら痛い女と思われるかも……。

そこで使いたいのが、食べ物専用アプリの「Foodie」。実は人を撮影すると一眼レフで撮影したかのような写真が撮れると話題になっています。

■Foodieってどんなアプリ?


「Foodie」とは、食べ物の撮影に特化したカメラアプリ。“食べ物をいかに美味しそうに撮影できるか”を追求して作られたそうです。30種類以上のフィルターが搭載されていて、ごく普通の食べ物でも美味しそうに撮影できます。

そんな“食べ物専用”のアプリですが、実は人物撮影の際も「ナチュラルに盛れる!」と評判なんです。

■実際に撮影してみました!


では、どれだけ「ナチュラル盛り」できるのか? 実際にFoodieを使って撮影してみました!

まずは屋内・順光で撮った写真から。

最初はフィルターを一切かけずに撮影。かなり普通ですね。クマなども目立ってしまい、あまりいい写真とは言えません。
どんな食材でも美味しく撮れるYU2というフィルターを使用。顔色も良くなり、肌も綺麗に。

唇の色も発色が良くなり、健康的な写真になりました!
こちらは飲み物が美味しそうに撮れるTR3というフィルター。全体的にピンクがかって、女子っぽい一枚。

優しい印象の写真になりましたね。
スウィーツの撮影にピッタリなSW1というフィルター。グリーンっぽくなり、爽やかな一枚。

チークやリップがほんのりピンクに際立つ写真になりました。

■レトロっぽい写真も可能!


食べ物のサクサク感を際立たせられるCR1というフィルターです。少しセピアっぽい写真が撮れます。色褪せた感がおしゃれですね。
食べ物が新鮮に見えるFR1というフィルター。フィルムカメラで撮影したような色合いがいい感じ。
ロマンティックな雰囲気で撮れるRO2というフィルター。全体的にふんわりとした加工ですが、色合いや明るさは自然なのでナチュラルに可愛い写真が撮れます。

■屋外だとさらにナチュ盛り!


取り込める光の量が多いため、通常の写真でも写りが良くなりやすい屋外は、Foodieで撮ることでさらに素敵な写真が撮れます。

こんな寝不足で死にそうなこんな顔でも……。
頑張って目を開かなくても、ナチュラルに可愛く撮れました。

自然と健康的な笑顔に!

■どんなシチュエーションにも対応!


顔色が悪くなりがちな蛍光灯の下でも……。
こんなに血色良く写真が撮れます。
逆光でも……?
光のフレアがかかったような、いい雰囲気の写真に!

とにかくシワやニキビをごまかせたり、クマを消してくれるので、Foodieを使えば、アイドル級の写真が撮れます!

ただ、フィルターをかけることで眉毛が薄くなりがちなので、しっかりと眉メイクはしておいてくださいね。

Foodieで撮った写真は、LINEやInstagramのアイコンにしてもいいかも。ナチュ盛りできるFoodie、ぜひ試してみてください!

<彩香+どてらい堂>