的場浩司

写真拡大

6日放送の「人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング77連発」(フジテレビ系)で、俳優の的場浩司が、ドッキリ企画で万引き犯扱いされイラ立ちを露わにする場面があった。

番組では「万引き犯に間違えられちゃうハプニング」と題したドッキリを、次々とタレントに仕掛けた。ターゲットとなったタレントには、スーパーでのニセ番組の打ち合わとして呼び出し、店を出たところで万引きGメンが声をかけるというもの。スギちゃん、おかずクラブ・オカリナ、TKO・木下隆行に続いて登場したのは的場だった。

まずは的場のマネージャーが、的場のバッグにレジを通していない商品を詰め込む。その後、的場が店を出たところで、Gメンが「お金を払っていないものありますよね」と声をかけた。するとバッグの中から、マネージャーが仕込んだプリンが出てくるという仕掛け。

的場はもちろん「やっていない」と主張する。Gメンが店のバックヤードに誘導すると「中に行きますけど、言葉の使い方間違えてはいけませんよ」「オレ何もしてませんから、罪人でもなんでもないし」とGメンに釘を刺し、イラ立ちを見せながらバックヤードに向かった。

的場はバックヤードに入るとすぐさま、さきほどまで打ち合わせをしていたスタッフを呼ぶよう頼むが、店側の仕掛け人は「悪いことなんですよ」とまったく取り合わない。万引き犯前提で話が進むことに対し的場は「普通に話しましょうよ」と怒りが隠せない様子に。

Gメンが「物を入れる瞬間(を見たん)です」と証言すると、的場は「これだけは言っときます。見たっていう言葉は覆さんでくださいよ」と睨みつけ、Gメンに強烈なプレッシャーをかけた。

その後、店長が呼んだニセの警察官が登場し「盗っちゃったんですか?」と軽口を叩く場面で、的場は「おまわりさんね、言葉には気をつけたほうがいいですよ」「やってないものはやってないんですよ」「『盗っちゃったんですね』ってどういうことっすか」とマジギレ。的場の威圧感におされ、ニセの警察官が尋問されてしまうハメに。

結局、現場の仕掛け人全員が、的場に口答えできない展開になったところで、これ以上はキケンだと判断したスタッフが「イタズラ番組で…」とネタバラシをした。これに的場は一瞬顔をしかめたが、VTR映像の最後には「ふざけんじゃねぇよ、コノヤロー!」と苦笑を浮かべていた。

【関連記事】
狩野英孝との食事の様子をナイツ・塙宣之が告白「ドッキリですよね?」
春日俊彰 相撲芸人・あかつにマジギレされたと明かす「相撲をなめるな!」
元プロ野球選手・里崎智也氏がドッキリに引っかかり涙目「ショックすぎて」