【詳細】他の写真はこちら

藤村岳の「男美均整のミナオシ」



「通常、男性がめったに触れないであろうコスメや身だしなみの最新情報や技術などを紹介し、日々の生活を新しい視点から見直せるようにしたい」という、男性美容研究家・藤村岳が、一流男子の所作や振る舞い、装いを身につけることの大切さを毎月綴る。

藤村岳の「男美均整のミナオシ」連載一覧ページ

天気予報では今年は猛暑だとか。毎年そんなことを聞いている気もするが……。今夏、少しでも快適に過ごす美容的解決法をご紹介しよう。

爽快系シャンプーは

大人の選択を



涼しく過ごすといえば、バスルームから。シャンプーを夏仕様に替えよう。筆者が毎年使っているのはアヴェダの「ローズマリーミント」のシリーズ。昔からある定番だがシャンプーとコンディショナーは数量限定。見つけたら早めにゲットしておくのがいい。このブランドはアーユルヴェーダの智慧による製品づくりが有名で、その原料の選びに定評がある。夏の頭皮は強い紫外線と多量の皮脂と汗、さらにエアコンの乾燥などでとにかく傷む。そんな時はただ単にスースーするだけではなく、優しくいたわりながら洗って潤せるものを使うべき。また短髪の男性は洗いっぱなしという人も多いが、コンディショナーで保湿もするほうがいい。顔などと同じで、乾燥は皮脂の過剰分泌やフケなどを招いてしまう。



アヴェダ

ローズマリーミント シャンプー

実勢価格:2100円(250ml)

アヴェダ

ローズマリーミント コンディショナー

実勢価格:2200円(250ml)

夏でも入浴で

疲れと暑さを洗い流す



次に入浴剤でもクールタイプをチョイス。バスクリンクールの「気分すっきりさわやかミントの香り」がいいだろう。夏には浴槽に浸からないよ、という男性も多いはず。しかし、きちんと入浴する方が疲れの取れ方が断然、異なる。湯に浸かるとその温熱効果で血行が促進され、浮力によって体を軽く感じる。また適度な水圧はむくみ対策にも有効だ。冬のような高めの温度にはせず、体温と同じか少し高めくらいにすればいい。その時にこのような爽やかな入浴剤があると、より入り心地がよくなる。



バスクリンクール

気分すっきりさわやかミントの香り

実勢価格:976円(600g)

さらにあると重宝するのがシャワー時に体に塗布して使うアイテムだ。例えば花王の「バブ爽快シャワー スーパーエクストラクールジェル アイスミントの香り」。個人的に夏の入浴時のシメとしてなくてはならないものになっている。夜、しっかり入浴した後にも、そして朝の寝汗を流すシャワー時にもその威力を発揮する。ただ塗って、流すだけと簡単なので、夏場はいつも常備。これがあれば入浴後に体を拭いていて汗が噴き出すなんてことがないスグレモノなのだ。



花王

バブ爽快シャワー スーパーエクストラクールジェル

アイスミントの香り

実勢価格:616円(210g)

汗を制すれば、

すなわち暑さも制す



夏の暑さでなにが嫌か、というとその汗だろう。汗はニオイの元。最初は無臭だが、皮膚の常在菌などに分解され酸っぱい不快なニオイを発するようになる。この連載で何度も言及してきたスメルハラスメントに繋がるのだ。

そんな時は汗ケアを。もう、男性の間でもすっかりとおなじみになった洗顔シートの出番。今年は、大人の男性が持つに相応しいポール・スチュアートの「フェイシャルシート」がお勧め。汗や皮脂はもちろん、もう出てしまっているニオイも拭くだけで除去してくれる。極細繊維で、しかも厚手のペーパーは顔まわりだけでははもったいない。首や脇などもしっかりとケアを。持ち歩きにも適しているので、気になったらすぐに取り出して拭こう。汗対策はすぐにやることが重要だ。また化粧水も含浸しており、潤い補給ができるのもありがたい。乾燥はかえって皮脂分泌を招くのだから。



ポール・スチュアート

フェイシャルシート

実勢価格:750円(15枚入)

また、普段の化粧水をプレディア スパ・エ・メールの「フローズン クラッシュトーナー N」のような“マイナス10度タッチ”のクール感の強いものにスイッチを。炭酸のジュワッとした弾ける感覚が心地よく、しかも、パウダーインなのでサラサラ肌をキープしてくれる。



プレディア

スパ・エ・メール フローズン クラッシュトーナー N

実勢価格:4000円(150g)

表面積が大きい身体には、デ・オウの「プロテクトデオシャワー(ノーマルタイプ)」のようなスプレータイプが便利。メントールが配合されていて清涼感があるだけではなく、独自のシトラスハーブによる“ニオイベール”効果が嫌なニオイをごまかさず、爽やかな香りへと導いてくれるのが何ともうれしい。顔も身体も夏用のケアをする必要があると心得よ。



デ・オウ

プロテクトデオシャワー(ノーマルタイプ)

実勢価格:640円(200ml)

不快な足と靴のニオイは

2つの方法で撃退!



いくらクールビズとはいえ革靴を履かないわけではない。足裏には多数の汗腺があり、蒸れる。そんなサウナ状態の靴の中は悪臭の温床となる。そこでサンタマルシェの「リフレッシュデオスプレー」で靴と足のニオイを解消したい。天然の緑茶成分と抗菌成分として有名な銀を用い、嫌なニオイを消臭。オフィスで靴を履き替える、座敷へ上がるなどのシーンにも安心して対応できる。



サンタマルシェ

リフレッシュ デオスプレー

実勢価格:900円(160ml)

靴の対策と同時に足そのものへの対策も重要だ。ラッシュの「パパの足」がきっと手助けしてくれる。朝、靴下を履く前にこれをひと振り。吸湿性の高い重曹とカオリンが余分な汗を吸収。またオーストラリアの先住民が古くから利用してきたティーツリーも配合され、肌を清潔にしてくれる。サラサラ感を続求めるなら、やはりパウダーアイテムの一択だろう。



ラッシュ

パパの足

実勢価格:920円(65g)

靴や足のように見えないところだからといって疎かにしてはいけない。デクストの「デリケートゾーンリフレッシュシート」は男性のアノ部分専用のシート。ボディ用の強烈なアルコールでデリケートな部分を拭いてしまうと、その刺激ゆえにかえって不快になる。粘膜に近いので、専用のアイテムを使うべき。さっぱりできて保湿成分も配合しているから、優しくニオイ&蒸れケアができる。



DEXT

デリケートゾーン用リフレッシュシート

実勢価格:1620円(10枚入)

このように工夫次第で暑さによる不快さは減らすことができる。汗と皮脂コントロールは悪臭を減らし、自分は快適に、貴方の周囲の人も不快を感じなくて済むのだ。

文/藤村岳

藤村岳/大学卒業後、編集者を経て独立。シェービングを中心に据えた独自の男性美容理論で、総合情報サイトAll Aboutの「メンズコスメ」ガイドなどとして活躍中。最新著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』(宝島社)がある。

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋

関連サイト



男性美容研究所 藤村岳danbiken.net