「疲れやすい」「冷えやすい」ママの体調不良、毛細血管と関係あり!? 医師に聞いたNG習慣

写真拡大

仕事や子育てに精一杯で、自分の体のケア、後回しになりがちではないですか?

【ダイエット】多忙なママ必見!全然やせない原因&「やせ体質」に導く5つの言葉

病気とまではいかないけれど、なんとなく疲れやすい、冷えやすい…そんな慢性的な体の不調、いま注目されている「毛細血管」と関係があるかもしれません。

子育てママ世代の体調不良と毛細血管の関連について、『毛細血管で細胞力は上がる: エコノミークラス症候群の第一人者・橋本洋一郎の5つのメソッド 』の著者である、熊本市民病院首席診療部長・橋本洋一郎医師に伺いました。

こまめに手足の筋肉を動かすことで、冷えの改善へ

――からだの「冷え」には毛細血管が大きく関わっているのですね。

橋本洋一郎先生(以下、橋本)「基本的には、冷え症は皮膚表面の血流不足、毛細血管レベルの血流低下が原因であると考えられます。

人間のからだは酸素とブドウ糖を取り込んでエネルギーを作っていますが、体温を一定に保つために、かなりのエネルギーを使います。血液を温めて全身に回しているわけで、冷えるというのは、その末梢の毛細血管の流れが悪くなっているということです。

ではそれをよくするためにはどうするか、ということになりますが、全身の血流を毛細血管レベルでよくするには、『からだを使う』ことが一番のポイントです。からだの筋肉を動かすと、筋肉がポンプになって血液を循環させるのです。

心臓から出た血液は全身をめぐり、毛細血管までいきます。そして、筋肉を使うことによって静脈から心臓に血液を戻しています。そのため、デスクワークなどでじっと動かないでいるとその流れ(静脈還流)が悪くなり、冷えてしまうのです。

『冷えるのは体質だから仕方がない』とあきらめているような人も、動いているときには冷えません。ですから、座っているとき、横になっているときなどにも筋肉を使う、特の足の筋肉、冷えているところを使うようにすると、毛細血管の血の流れがよくなります。

エコノミークラス症候群の予防のための運動として、つま先を立てたり、手足をブラブラさせたり、足先を動かしたり、といったものがありますが、こうした動きは静脈還流をよくします。

ちょっとした時間でできて、血のめぐりがよくなり、血栓ができにくくなりますし、末梢の冷えなどの問題も解決できる可能性があります。

ネットで『エコノミークラス症候群』と検索すると、予防のための足の運動とかが出てきますから、そういった運動を参考にするといいかもしれません」

イライラすると血のめぐりが悪くなり不調の原因に

橋本「また、若い人たちの疲れやすい、冷えるなどの原因には『ストレス』も考えられます。

イライラすると交感神経が働いて、前毛細血管括約筋(上図参照)が締まり、毛細血管への血流を減らしてしまうのです。

ですから、イライラして疲れやすくなったり、冷えるというのは十分起こりえます。

心理的なストレスや、熱い・寒いなどさまざまなストレスによって筋肉が収縮し、血の流れが悪くなり、痛みの物質が出たり、頭痛やめまいがしたり。

肩こりの主な原因はストレスですが、肩がこるとすごく疲れますし、イライラしてばかりだと身体が消耗してきます。

一方で、交感神経の緊張で戦闘モードになると仕事がはかどるため、イライラという切り札は、いざというときのためにとっておくとよいでしょう。

肩がこる人は、それがストレスのバロメーターになります。だから、肩のこらない生活をしていくと、体調がよくなるかもしれません。

また、姿勢をよくすること、完璧主義を捨てることも大事です。何でも完璧にやろうとすると、交感神経が緊張して疲れるのと、毛細血管での血のめぐりが悪くなりますから、7〜8割でこなすぐらいがおすすめです。

メンタルのコントロールは、毛細血管レベルの血の流れに非常に重要なんです。メンタルの部分がうまくいってないのに、むやみにサプリメントなどに頼るのはどうか、というところがあります。

楽しいことを考えて、ちょっとリラックスして、その一方で手足の筋肉をこまめに動かしてみる。そういったことで交感神経の緊張がとれ、細動脈から毛細血管の血流も増えますから、疲れや冷えなどの症状はだいぶ減っていくのではないかと思います」

毛細血管を傷つける習慣は、からだ全体にダメージを与える

――毛細血管はとてもデリケートで、紫外線や強い刺激、活性酸素などの悪影響を受けやすいんですね。

橋本「直射日光に当たり過ぎるのもよくないですし、ツボ押しなどを含め、強すぎるマッサージもダメージを与えます。

毛細血管は再生しやすい反面、傷つきやすいので、バシバシ筋肉を叩いたりするのはよくありません。毛細血管や細胞がダメージを受けるようなことは、なるべく避けたほうがよいでしょう。

激しい運動もよくない面があります。軽い運動をすると、活性酸素をとる物質ができますが、逆に激しすぎる運動をすると活性酸素が増え、毛細血管や細胞に損傷を与えます。

健康のためには、早足で少し息が切れる程度、散歩ぐらいの軽い運動がよいでしょう。

血のめぐりをよくして体調をよくする基本は、たばこを吸わないこと。いろいろな毒物が入っていますし、血管も収縮し、活性酸素ができて細胞がやられてしまうので、体調が悪かったらまずは禁煙です。女性で吸っている方は少ないですが、それでも9%ほどいるのです。

それから、太らないこと。痩せすぎでも寿命が短くなるといわれますが、太ると活性酸素が発生して老化しやすくなったり、がんにもなりやすくなり、よくありません。

あとはイライラしないこと、それから、お酒は1日に、ビールで中瓶1本、ワインだと2杯位まで。こういった、当たり前のことが大切だと思います」

そのほか、毛細血管をケアするための詳しい方法は『毛細血管で細胞力は上がる』に紹介されています。

ぜひ、毛細血管を元気に保って、ベストな体調を維持し続けたいですね。