「最上の命医」スペシャルで共演する斎藤工と草刈正雄
 - (C)テレビ東京

写真拡大

 俳優・斎藤工が天才小児外科医を演じるテレビ東京系ドラマ「最上の命医」の2度目となるスペシャルドラマの8月放送が決定し、草刈正雄が斎藤の恩師役を務めることが明らかになった。それぞれの世代を代表するイケメン俳優の共演が注目を浴びることになそうだが、草刈は「僕はもう、おじちゃんだもん(笑)。工さんの魅力にハマってください!」と控えめに語っている。

 同作は、アメリカ帰りの小児外科医・西条命(さいじょうみこと)が、無限の樹形図=子供のいのちを救うことはたくさんの未来を救うこと……という信念を胸に治療に挑む姿を描いた医療ドラマ。2011年1月に連続ドラマとして放送され、命を演じた斎藤にとっては、ゴールデン帯の連ドラ単独初主演作でもあった。「この作品を続けたい気持ちが僕の中では強くて」というほど思い入れがあり、昨年、5年ぶりの続編となるスペシャルが放送されている。

 第2弾のスペシャルドラマとなる今回は、NHK大河ドラマ「真田丸」の演技でも話題を呼んだ草刈が、かつて命に小児外科医の何たるかをたたき込んだ世界的権威・手塚義富役で出演。恩師でもある手塚との再会は、やがて思いもよらない「生命を巡る対立」に発展し、命を窮地に追い込んでいく。

 草刈について斎藤は「インテリジェントで、全てに説得力があります。たたずまいだったり、目線ひとつだったり。近づくという動作も一歩ではなく半歩、という細かいところだけでも、すごく意味深いというか」と感服。「お会いするたびにスケールの大きさをものすごく感じます」と感心するばかりだ。

 一方の草刈は、斎藤について「いいですね。彼は、独特の雰囲気を持っていますね。あの雰囲気はなんともいえないです」と評価。また、ドラマについても「とても脚本がいいですね。僕ら役者は、なんといっても脚本なんですね。脚本で決まります。それにちょっとハマりましてね。久々にいい役を頂いて、楽しんで演じています」と大満足の様子。主演の斎藤も、「初稿(台本)を頂いた時に、ボロボロ泣いてしまった」というほどで、「こんなに盛りだくさんで、ドラマチックな『最上の命医』は初めてではないでしょうか」と自信を見せている。(編集部・入倉功一)

スペシャルドラマ「最上の命医 2017」はテレビ東京系で8月放送(日にち、時間は未定)