6月24日〜25日の陸上日本選手権で男子100mと200mの二冠を達成し、一躍陸上界の主役に躍り出たサニブラウン・ハキーム(18)。雨の中のレースで10秒05を記録し、日本人初の100m9秒台へ期待も高まる。
 
ガーナ人の父譲りの、187cmの体躯を活かした走りが持ち味のサニブラウン。しかし彼を成長させた一番の立役者は、母・明子さんだという。城西中・高陸上部でサニブラウンを6年間指導した、山村貴彦監督が語る。
 
「彼の生活や食事については、お母さんが全面的に面倒を見てきました。栄養士さんを学校に呼んで、父兄向けに食事の指導をしていたのですが、お母さんは熱心に参加していました。あのお母さんなくして今のハキームはないです」(山村監督)
 
実は明子さん自身も、福岡・宗像高校時代に100m走と110mハードルでインターハイに出場したスプリンター。母校の恩師もこう語る。
 
「高校時代から喜怒哀楽のはっきりした子でね。応援席で本人より目立っているのも、彼女の熱血さゆえです。サッカー少年だった息子に陸上を勧めたのも、米国留学を後押ししたのも彼女だとか。どこまでも息子の可能性を信じているんでしょう」
 
前出の山村監督も言う。
 
「ハキームはフロリダ大学への進学が決まっていますが、国内以上の練習環境を、というお母さんの強い希望で決まったようです。三段跳びで2大会連続五輪金メダルのクリスチャン・テイラーなど、五輪選手を多数輩出している大学ですからね」
 
米国の大学は9月開始。それまでサニブラウンはオランダのクラブで練習する。
 
「そのクラブで練習しているクリスチャン・テイラーに、お母さんが自分でコンタクトを取り、紹介してもらったのです。すごい人脈と行動力ですよ」(山村監督)
 
8月に出場する世界陸上ロンドンで、100m9秒台、そして世界の頂点を狙うサニブラウン。その夢へのカギを握る、熱血ママにも注目だ。